--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2015/03/03 Tue
土曜夜、少し早じまいで 終電で浅草へ
朝4時雷門前を一台のバスが、埼玉は蓮田に向かい 出発
天下の神亀酒造へ

早朝の蒸し米作業を見学に行きました
蒸しあがるのを待ってる様子は 精神を集中させる儀式のようでした

香り等を確認しながら、上げるタイミングを見極め・・・

「今だっ!」とばかりに 布が上げられるやいなや、
9名の蔵人たちの動きの速いこと速いこと・・・

スコップで米を掘り、すぐさま機械の上に広げ、
強風により冷まし、布に包み、運ぶ・・・ 各所で手際よく・・・    

ある程度の量がまとまったら、数人が、麹室へ

これまた手際よく広げてゆきます 
左が杜氏の太田さん、右が次期蔵元 タカオさん
職人の瞳はカッコいいです

  が、一度 神亀酒造の方々の飲み会に同席させて頂いたときを
  
  思い出したらなんだか・・・
  
  ふふっと・・・。

すみませんタカオさん、余談でした
そんな、素晴らしい職人の方々によって、
米は均等に広げられ、各所に温度計が差し込まれ、

温度が測られていきます

布を使い、息を合わせ、

風で冷まします

そして、種菌づけ

思わず私の呼吸も静止    

歩幅や振り方、テンポ・・・職人技以外の何物でもないです
麹は酒造りにおいて非常に重要なのです

振り終わったら、それっと・・・

四方から凄いスピードで・・・


そして またくずして広げてゆくのです

室温40℃ 何度もこの作業を繰り返すのは、なんとも根気の要る作業です
神亀酒造はこの、酒造りで一番重要と言われる麹造り を、徹底しているのです

完成した麹は、

口に入れると 栗のようなほっこりした甘みが。
美味しいお酒は、麹も美味しいです。


蒸されたお米は、↑麹と、留め↓ 用に分けられ、

三段仕込みの最終のタンクに投入されていました

最後に 酒造りで麹の次に重要と言われる 酒母を

見せていただきました。  元気元気に、酵母が生きていました。


そんな見学が一段落して、もう1つのチームを待っている間・・・

蔵のなかを何やら物色する うちのじい様
「ほほう ここには〇〇があるゾ」

外も徘徊していたら、コンテナが山ほど。

お宝の山です。 大量に熟成されているのです。 いやはやいやはや
コンテナはどんどん増えているようで、蔵の回りをコンテナが囲んでいます


「頑張ってよかったあーーーーー」と、じい様が声を出したのは、

神亀 純米大吟醸の醪を飲ませて頂いたトキでした
これは、蔵に来ないと絶対に飲めません
なんとも美味しい 大人のカルピスのようでした


忙しい土曜の営業(もちろん呑んでる)×終電での移動×早朝の見学
×翌日曜の貸切団体営業・・・と、非常に疲れましたが、行って本当によかったです
やはり、造る人に会うこと、現場を見ること・・・シビれますね
神亀酒造の皆さま、ありがとうございました。

さらに色濃く成長した じい様ばあ様が、
あすも あさっても たくさんの方のお越しをお待ちしております

スポンサーサイト
Category: 訪問記
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

最新記事

訪問者カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。