--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/01/31 Fri
今週頭の2連休では 新しい定番“熊野地鶏”の美味しさの秘密を探りに、
三重は熊野市まで 行って参りました (交通の便が悪く ひっじょうに遠かったです笑)


美味しさの秘密、それは一言で言うなら、こちらでしょう
1615245_493540204089021_1057019973_n_201401301310247cc.jpg
美しい。
これが鶏舎ですよ? ホコリっぽく臭いもきつく・・・のような劣悪な環境を
勝手に鶏舎に抱いていたので、びっくりしました。 衛生面もご覧の通り。
鶏舎がとっても綺麗だし、山々に囲まれ、空気も綺麗。  まず、なるほど納得。

鳥たちは ストレスのかからない 温度に守られていました (以降、店主撮影)
1060622_493539014089140_32864051_n_20140130131018069.jpg
↑生後8日目のひなたちです 電気で温めているのだそうです

↓生後40日目のこちらは オスとメス区別はつきますが、まだ一緒
1615197_493542980755410_1301921971_n_20140130131023246.jpg

↓生後約90日目 オスとメスに完全に分けられ、こちらはメス
1624471_493541024088939_2250285_n_201401301311038ce.jpg

↓生後約120日 こちらはもう出荷される鶏たちです
1781322_493540654088976_1073474117_n.jpg

店主、大はしゃぎだったようです
1615103_493540370755671_372550400_n_20140130131020cac.jpg
「俺がつかまえた」飼育係の方々、店主が長々とすみませんでした

ところで、店主とは裏腹に、
もうご存知の方も多いですが、何を隠そう 私は究極の、究極の、トリぎらい。
(トリだけに 目にモザイクをかけることが得意なので 画像投稿もなんとか。)
失神 発狂 の恐れもあったのですが、美味しさの秘密と どんな方々がどんな想いで??
という好奇心で、決死の覚悟で鶏舎やってきました ただ、中には入れませんでした・・・
そんな私の勇士もご覧ください(膨らんで引きつってますが)

見たい聞きたいという好奇心が炸裂していたのですが、足にセメントをかけられたように
動かなくなってしまうのです トリが大きくなればなるほど、鶏舎と私の距離は離れていました
正直「ケッケッケッ コケェエーーーーー!」という奇声でも心臓バクバクでした
握りこぶしの中には汗じっとり、脇汗も尋常じゃなく、いつでも逃げだせるように、
常に腹筋に力が入り、背骨は丸く、戦闘態勢でした。  やーーーーーよくやりました。
けれど、お客さまに自分の声でお伝えするため、がんばりました。 やーーよくやった。

自画自賛は このくらいにして、美味しさの秘密。

‘体は食べた物で出来ている’やはり餌でしょう

飼料に お米を混ぜているそうです お米を混ぜると、肉質がよくなるそうです
店主「お米を食べていた鶏は、それは純米酒に合うでしょう」
飼料に 独自に開発した『新姫』という柑橘の皮も入っているそうです
与えるようになってから、毛並みがよくなり、身がまるで鴨肉のように赤身に。
店主「この柑橘の香りは ソーヴィニヨン・ブランかな?」
日本酒でもワインでも ぜひお試しくださいませ

ちなみに水も 綺麗な水が沸くそうです。
餌も水も空気も環境も、そして育てる方々の笑顔も、
素晴らしいところで育てられた鶏だから美味しいんですね


最後にトリが苦手な方々もほっとする美しい映像を・・・

熊野市にある 日本最大級の、棚田 『大山千枚田』
熊野地鶏の鶏舎その他を案内してくださった佐野さんが、交通手段が電車徒歩の
私たちを わざわざ観光にまで連れて行ってくださいました 有難うございます

今は水もない状態だったのですが、素晴らしい景色に感激しました
これが水を上げる機械もない時代の昔の田んぼの姿だったんですね
ちなみに、ここで手塩にかけて育てられたお米もトリたちは食べているそうですよ

熊野市ふるさと振興公社の皆さま、本当にどうもありがとうございました
新道亭では 皆さんの大切な熊野地鶏を 美味しくお客さまに提供させていただきます
今後ともどうぞよろしくお願いいたします




スポンサーサイト
Category: 徒然
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

最新記事

訪問者カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。