FC2ブログ
2015/01/06 Tue
皆さまあけましておメでとうございます
新道亭は3日から早速お店を開けていました
バタバタの年末年始も無事過ぎ、ようやく2014年が終わったなという感覚です

今宵も 何も変わらず営業中

今日は 新道亭のお鍋ラインナップ、全員集合
やっぱ、冬は 鍋でしょ

新登場の注目人物は

ブリしゃぶ君。     年末の内に仕入れたブリが 脂がのって、絶好調。
お昼「どしゃぶりだから、ぶりしゃぶ

最近お鍋がよく出るので、大量に仕込んでいたポン酢もなくなり、

今 仕込んでいます。     当然、ポン酢も自家製です。

ポン酢の手前のカウンターには、でっかくってまんまるの、

聖護院大根が転がっています
のちの姿は、

“聖護院大根の煮込み” 今回はブリも一緒に煮込まれて、
大根がとってもすてきに味シミシミです

とってもすてきに新道亭色に染まってくれた方をご紹介

藤沢のワインショップ ろっくすおふ のお二人です
左:クロちゃんが 備忘録を見てくれていて、「載せてっっっ」とのことだったので、
クロちゃん、変顔連発するなかゲットした一枚だよ どお?´~`
今年もがんばります ご指導のほど よろしくお願いいたします


そんなこんな、楽しく2015年スタートしております
今宵は風が強く 雨の余韻もあり、お客さま少ない予感むんむんです
始まったばかりのお仕事帰りに ほっこり新年飲みはいかがでしょう

今宵も 今年も たくさんの方のお越しをお待ちしております
どうぞよろしくお願いいたします

ぺこり
スポンサーサイト



Category: 徒然
2015/01/09 Fri
金曜日ですが・・・店内と予約状況は。。。T_T
皆さま、年末年始ではしゃぎすぎたのではないですか?
僕らも飲み過ぎ(働き過ぎ)なので、否定はできませんが、さみしいですT_T

金曜日ですが、遠慮なさらず、ぜひお越しくださいませ

注文しやすいように、日替わりメニュー載せておきますネ

こんなときは、宣伝活動ブログでも・・・と、ちょろっと歩くだけで、
ネタにぶつかる新道亭

カウンターに、何やら磯の香りを放つ物体。
メニューにあります “蒸しアワビ” なんてイイもの、ございます
ですが、新道亭のコスパは文句なし。   ぜひ。

黒板に目をうつすと、

“自家製チェロ”は 大大大量に店主が作ったため、もうなじみ深いですが、
真ん中あたり、“生搾りみかんサワー(ノンアルコールも可)” なんて冬物も、ございます
飲んでみると、ほんのりほろ苦いのは、

一時期 目立ちまくっていた“晩白柚(バンペイユ)”という柑橘類も
(永沢君ではなかったのデス)  入っているからです
晩白柚のみも、ございます       冬を感じ、美味しいです。   ぜひ。

「そういえば・・・」と 冷蔵庫に入ってみると、

みんな大好き “山伏シリーズ” の、ⅡとⅣ が入っているではないですか
志賀高原ビールの作る、ビン内二次発酵の限定ビールの、
黒 と 琥珀 です      この寒い季節にはじっくりと、よいですね。   ぜひ。

今宵 初登場の、注目メニューはこちら

“貝焼き” 東北の、貝をお皿にして作る料理ですが、新道亭では、
“サメの味噌貝焼き”  写真の試作よりも 卵多めで いくそうです 楽しみですね。
なぜ注目なのかって、
次のお休みの月火は、この貝のお皿のふるさと 青森へ行くからです
「真冬の青森へ 生の真鱈を見にゆく!!」
「この前の神経ジメの鱈は素晴らしかった・・・」「白子も・・・」

というわけで、極寒×吹雪の青森へ突撃です
その意欲の表れた一品を、   ぜひ。


そんなこんな、ちょろっと歩くだけで ネタには困らない新道亭、
今宵も 明宵も、スーパー狙い目フライデイ&サタデイ  何時でも大丈夫です!
たくさんの方のお越しを心より お待ちしております

またまた、ペコリ♡
Category: 徒然
2015/01/10 Sat
昨晩、仕込み日和でした
お陰さまで ミールはギョウザに続き、

シュウマイを包めるオナゴになりました◎


中身はもちろん・・・

サメ。   ※写真は“フトツノザメ”で、今日カルパッチョになってますが、
昨晩 仕込んだシュウマイとギョウザは、“アブラツノザメ”です

ちなみに、中華の先輩、せろり家の芹澤さんから、ギョウザとシュウマイの
‘皮’の美味しいものを教えていただいたので、パワーアップしました◎ 
包み込むヤツのお陰で、さらに幸せむんむんです

昨晩は 投稿後も変わらず 緩やかな営業で、お陰さまで・・・

新年会・・・や、勉強会しちゃいました
日本ではもはや手に入らない カゾ デ マイヨール なんと2001年
フランスでお世話になり、来日の際に来てくださったシュンさんからです

×枕崎 瀬崎さんの本枯節(カツオ節)と合うのでは、と・・・
日本でも うちでしかできないのでは?!という究極の瞬間を

嬉しそうに撮る 飲食店の少年ふたり
削り、

さいこうでした。 
旨み爆発。 このワインと一緒に 全細胞に幸せ広がりました。

やっぱり、店員が知らないと、いいお店にはなりません、ので、

・・・勉強です。

地産地消とかいう言葉もあるので、日本ワインには日本のカツオ節が、
オリーブオイルにはフランスのワインが・・・なんて思っていたら、大間違い
感覚のこたえは、逆でした。 
ちなみに、ワイングラスで飲む 神亀ひこ孫凡愚と好相性は、オリーブ塩水漬け

もはや、「アースやーーーーーーー」と、感覚は地球規模に広がっていきました
お料理とお酒って、凄いですね。  各 生産者の方々に感謝感謝感謝。 

ちなみに、写真に少し見えるのは、

“ヤリイカ一匹の塩ゆで” 塩とオリーブオイルで・・・   
日本酒でもワインでも、バッチリです 体験者は語る。


お料理だけが美味しい ノン
お酒は 美味しい ノン
新道亭はスペシャルな口福を味わえるお店です

今宵まだお席ゆとりございます
たくさんの方のお越しをお待ちしております


Category: 徒然
2015/01/14 Wed
おととい月曜から、今日朝まで、青森に行ってきました  (昼 逗子着、 今 営業中★)

「真冬の青森に、真鱈が水揚げされるのを見に行きたい!」 という、
少年(=店主)の一言により 行ってきた結果が、

今すでに 新道亭に届いております
中身をちらっとだけ・・・

圧巻の真鱈 × 白子
今宵から召し上がれます 青森フェアです 
どうぞいらしてください´~`


旅する居酒屋、新年1発目、漁港や市場の様子は長くなるので、別投稿
ざっくりと、旅の備忘録

いつもの如く、深夜まで営業、早朝出発  新幹線で東京~八戸  
青い森鉄道はまなすベイラインというローカル線で、

ローカル線×ビール = 旅の醍醐味と、

どんどん厚くなる白い絨毯を楽しんでいたところ、


突然 大きな声とともに、

「?!」 「・・・びっくりしたーーー」  (盗賊かと思った・・・)
ローカル線ならではの、地元の売り子さんたちが登場 さらに楽しみました

八戸から


てっぺんまで。

大湊から先は列車が無い為、青森のスーパー料理人 滝沢さんと、
佐井村の島野さんという方が、車でいろいろ連れて行ってくださいました
まずは、

天然青森ヒバ専門店 わいどの木さん
ここで店主は、一生モノの宝物を作って頂きました!!!! 私まで感激しました
何でしょう?         
お楽しみに´~`(※長くなるので別投稿)

その後は 下北半島をさらにもっとてっぺんまでのぼり、

記念撮影       有名な 大間のまぐろ の地です

本州最北端です

そこから下北半島を西に少しくだったところにある 佐井村、目的地。
地元の人と一緒だからこその経験をさせていただきました

漁業組合の方々の、たまり場、や、事務所。
イカが各所で 飛んでいました(本当に飛んでくるのです)
ちなみに、言葉は全然、解りませんでした笑

その後は極寒のなか 10分1本勝負の釣り


この日はイマイチ 釣れず。

はやばやと、宴

民宿みやの さんのお料理は、地元の海の幸 満載
とっても美味しかったです

そして

夜は更けてゆくのでありました
こういう空間だからこそのお話、貴重なお話、どうもありがとうございました^^


そして、
・・・続く。




Category: 訪問記
2015/01/15 Thu
そんな、新道亭の店内に空間を生み出す 三大要素、本日すべてお揃いです

旅の備忘録の最中ですが、ぜひとも今宵、いらして頂きたく、投稿です
旅はお魚がメインになりますので、お肉の投稿です

11月末から始まった、年末年始のドタバタが過ぎ去り、
先日、久しぶりの光景が見られました

腸詰め。
中身は、

“猪と鹿と山羊”です
「んっ?!」というトリオのソーセージですが、それぞれが絶品の臭み無しの獣たち
スパイシーでいて、パリッと  昨晩はおかわりをするお客さまもいらっしゃいました
昨日からなので、

まだまだございます    新道亭はお肉だって、美味しいです
ぜひ、野を駆け回る動物たちの元気を、寒い季節に頂いてくださいませ


ちなみに、お魚は 青森から、店主が目利き、
スーパー料理人が神経ジメ(活けジメ)をした 魅惑の子たちが揃っています


ちなみに、店主を魅了してやまない、

サメのメニュー、増殖中・・・
昨日発見した新しい調理法 “アブラツノザメのムニエル”はフレンチレストランのよう…
「アブラツノザメは洋風も合うなあ」  食材に応じて調理法を変える、店主です


そんな、料理をしたくてたまらない店主と、人間が恋しくってたまらない夏波が、
今宵もたくさんの方のお越しを

お待ちしております♡    (↑青森、佐井村、漁港の四天姫)

Category: 徒然
2015/01/17 Sat

そんなわけでして、今宵、お待ちしております!!!!


投稿は、今日もたくさんメニューに並んでいる、
青森は下北、佐井村の朝の漁港の様子です

この日は風の関係で あまり船が出ず、待ちました
初めての水タコなんかと戯れながら


海の塩分が絶妙、何もかけずにすっごく美味しかったです
タコの頭に入っている 内臓、その名も“道具(ドウグ)”も美味しいそうです
店主、習っておりました

待ちに待っていたら、ついに1隻!

帰ってきたーーー^〇^
どんどん集まってゆきます


運んで

運んで   

「あっ お目当てのタラたちもっ」

ざばーっと魚たちが広がってゆきます


どんどん魚種が

分別されてゆきます

待っていたお姉さま方も

小魚を分類、

海に出ていた 漢たちは、

どんどん計量してから 氷を詰めて箱詰め


チーム新道亭(勝手に名づけました)は、

店主が「あっ!あれイイ!  あッこれも! おお~オスだ(真鱈)」 目利きしたものを、
滝沢さんと、佐井漁業組合のシノブさんが どんどん血抜き、神経ジメ、氷結・・・

素晴らしい処理をほどこしていただき、

とったどーーーーーばりに、ハイポーズ    滝沢さんありがとうございます

うちに仕入れたものは、こーんなイイサイズの

ヒラメ
やら、黒ソイやら、脂ののったコブダイ(1匹だけいて店主が発見収獲)やら
もちろんお目当ての真鱈たちが、いーーーーっぱいです

量こそ少なかったらしいのですが、イイものを見れて、ゲットできて、
行った甲斐がありました  皆さま本当にどうもありがとうございました

そうして、作業を終えた漢たちは、

帰ってゆきました    (おーとこにーは おーとこのー♪)
あんっな寒いなか船の上で・・・すごい 尊敬です

ちなみに、梱包も、滝沢さんと

うちのじい様もして、仕上げは塩谷さんが施してくれました

そんな処理の素晴らしい魚たちは、どこもかしこも 美味しく頂けます

じい様は 「処理が綺麗な魚は内臓も綺麗」 大喜びです
真鱈の腸と胃袋は“チャンジャ” に、卵巣はがごめ昆布と糸唐辛子と醤油漬けに。
ちなみに 肝はじゃっぱ汁に、    男の子では“白子ポン酢”、
感激衝撃のうまさです!    
「こんなの食べたことない・・・」たくさんのお声が嬉しいです


今宵たくさんの方のお越しをお待ちしております
なんでだか、昨日は満パン、今宵は空席たくさん・・・不思議です
ぜひぜひ今宵 青森を、その他、美味料理・美酒を 味わいにいらしてくださいませ´~`
Category: 訪問記
2015/01/19 Mon
青森訪問記 内容が濃密すぎてなかなか書き終わりません
写真も文も となると なかなか難儀なのですが、
「ブログ見ると元気になる」というお言葉を原動力に、
自己満足ですが ただただ綴り続けます (益子へ向かう車内なう にて)

佐井村の漁港を見終えた後は 滝沢さんが運転してくださり、

神秘的な 仏ヶ浦を

堪能しました

走る途中に、下北ワイン!

実は私たち好きなワインで、以前お店でも置いてました
店内限定発売の

無濾過のRYOを発見し、思わず購入
ファンの方、お楽しみに・・・

さらに車を走らせ、目的は、青森のバル。
その名も、

塩谷バル (魚屋さんです)

マスターはこの方、

「テェーバッグ♡」「テェーエモ レボリューション♡」と、
おちゃめな塩谷さん

「おもてなす♡」と言いながら、あっという間に、

スペシャル海鮮丼を作ってくださいました

時々お仲間が集まると、開催されるようです 408BAL

サメ先輩の田向さん、魚卸の桶田さんも、逗子の魚変態料理人の為に
来てくださり、とてもとてもありがたいことです

どこに行っても やることは変わらない店主

「生きているヤリイカで沖漬けを作りたい」
と、塩谷さんにやらせて頂きました

イキのいい輩を・・・店主があわせた正油等に入れ、

生きているイカたちは、赤いお酒をバシュバシュ吸い込み、

デキあがっていました
ご想像どおり、スーパー、美味しいです
今週からメニューに載ります


翌、早朝4時半 青森の市場でも

塩谷さんや滝沢さんにいろいろ教えて頂きました

セリが始まると、広ーーーい市場から

集まって、威勢のいい掛け声とともに、どんどん競り落とされていきました
五島の福江島では 皆さん叫んでましたが、青森は 手のサインでした

店主を魅了するサメを、サメ一筋で加工する、
愛すべきサメ先輩 田向さんには、

サメについての講義もして頂きました
皮の引き方のコツや、内臓の使い方、その他…

爆笑 実践講義、

ストーブのやかんで茹でてました
(どう言われようと、そのお湯でコーヒーは飲みたくないです笑)

たくさんの方々に たくさんのご指導と愛を頂きました
本当に皆さま、ありがとうございました。


真冬の青森は

こんな感じで、

寒さに強い身心をも手に入れた じい様ばあ様です



そんなこんな、さらに彩りを増したふたりは今日は、
益子の衣川さんご夫婦のところへ…書いていたら そろそろ着きます

では皆さま、今日もすてきな1週間の始まりを楽しんでください^^
Category: 訪問記
2015/01/20 Tue
益子を満喫しきりました 只今帰りの電車内、
3時間は備忘録にもってこい 恒例の益子備忘録


昨日お昼到着、

さっそくスタート笑
あきえさんの 美味しいお豆サラダにスペインオムレツ
×美味しいスペインのブリュットナチュレ

1本で終わるはずが…

ない。
バジルのペンネと野菜たっぷりトマトソースがシビレます

皆い~い気分になりまして、「今日 土いじりはいっか♪」と、
すでに夜の宴の妄想を始めると、「炭焼きだ」「薪を作らないと」と…

師匠はさすが。
速い早い。
この薪で器を焼くし、家を温めるし、
燃やした灰で 器に塗る釉薬も作る…うーん 奥深い…

私たちもやらせて頂きました

・・・。 ふざけてないのです。  本気なのです これが。
何を隠そう、じい様は 運動音痴。 ということは、 この写真でバレバレです
それでもなんとかコツを掴み、薪をこしらえました

その後は ユリ根掘りをしたんですが、やはり、

へっぴり腰・・・   うーん…笑
ようやく 見えてきて、

あきえさんに手伝ってもらい、

ようやくゲットしました

ユリ根に続き、どこよりも早い春を採りに。

どこに何があるか わかりますか?

ふきのとうです
もう春の訪れを感じさせてくれる可愛いヤツ♡


そしてお待ちかねの 宴


益子で宴と言ったら、皆さまお待ちかね、

俊仁お師匠の

ヴォーーーーーッっっっっノォーーーーー

夜は更けてゆき、炭火×鉄瓶×シロ鵬の
極楽浄土の湯に浸かる

衣川スーパー徳利くんと、

師弟たち。 繋がりに感謝です。



たっぷりの休息(とお酒)をとらせて頂き、元気になったかと思えば、
今日深夜23時半過ぎから、2月のイベントの打ち合わせで
東京に行く店主…朝帰りからの仕事スタート…
皆さまどうか店主に愛を…

昨日の収穫と一緒に

あすもたくさんの方のお越しをお待ちしております♡
Category: 訪問記
2015/01/22 Thu
青森 下北半島 青森に伺ったとき、
店主は 一生ものの宝物を作っていただきました

「ウツボ用の長いまな板が欲しいなあ」
そんな店主の ちょっとしたボヤきを聞いた村口社長さん、
店主を引き連れて 歩いて行った先には・・・

村口さん「どれがいいんや?」
店主出口「へっ? えっ?」
村口さん「どのくらいの厚さや?」
店主出口「あっ えっ えっと このくらい・・・かな」

無言で 担いで、
「長さはどのくらいや?」
「あっ えっ えっと このくらい・・・かな」

あたふたする店主を横目に 男らしく、切断。 早い速い

その後も 電動のかんなのような機械で

大きく表面を削った後、

電動のやすりのような機械で

表面がどんどんとツルツルになってゆきました 
(店主の顔は素です。たぶん私も同じ顔でした 本当に、凄いのです)

サイドも

整え、

角っちょも

優しい角度に。

そしてなんと、「ほら」 と、

店主に託してくださいました!!!

びっくり大感激の私たち、“甲子園の砂”のように、

ヒバの 残りを 大事に持ち帰りました
(※消臭、除菌、脱水効果ありの ヒバ。自宅の防湿で使っています)

その後 なんとなんと、

焼き印まで、本人にかかせてくださり、大大感激の、
世界でたった1つのまな板を、店主ゲット。
日々のたくさんな仕事も愛を持って がんばるものですね・・・


写真では伝わりにくいですが、村口社長、かなりおちゃめで面白いお方。
たっぷりトークで笑わせて頂き、いろいろ教えていただき、お土産もいただき、
「そのまな板は 新幹線も担いで帰るんやど♡」のミッションもいただき・・・

社長、証拠写真でございます

スノーボーダーたちもいましたが、私たちは、
ウツボのための長いまな板を持つ、その名も ウツボーダー。  

車のなかでは私の脇腹にくい込みながらも支え、
新幹線と横須賀線では 店主「ちょっと恥ずかしかった」けれども大事に抱え、
それが今・・・

絶好調で 店主るんるん使っております
これでさらに、店主のお料理が美味しくなることでしょう

紹介してくださった島野さん、滝沢さん、
電光石火の如く、宝物を作ってくださった村口社長さん、
皆さま本当にどうもありがとうございました!
店主、一生大切に使うことと思います^^


そんな、さらに磨きのかかった店主の最新の自信作は、

“サメとズワイガニのシュウマイ”   とってもとても美味しいです

青森での成果の、

“自家製チャンジャ”や“自家製ヤリイカの沖漬け”も加わり、
どこもかしこも見逃せない、ストーリー満載のメニューが、
今宵も皆さまをお待ちしております

今宵はしっぽりまったり新道亭を満喫するのにはもってこいの木曜日
心も体も 温まりにいらしてください 心より お待ちしております♡

Category: 訪問記
2015/01/28 Wed
青森から 苦労して担いで帰ってきた 長いウツボード・・・
長い長い まな板、大活躍中

こちらは“鱧(ハモ)”   店主「まな板が長くてよかったです」
ハモに噛まれそうになりながらも格闘してくれたカツヲさんと一緒に。

店主は贅沢にも 団子にしました

ちなみに並べているのは、“志賀高原ビールのミヤマブロンド”
“美山錦”で仕込んでいるものと、新しく“金紋錦”で仕込んだものと・・・飲み比べ♪

ハモは「魚に豊か」と書くだけあって、味わいも豊か。
真っ白でシンプルなボールですが、上品な旨みが広がります

ハモの骨でとったスープに、豆腐と梅を浮かべ、極楽浄土。


長いまな板を入手したからと言って、長いモノを欲しているわけではないのに・・・

・・・なぜ入るんだろう? 店主ヒキ強すぎ。   ※隣は台湾在住、店主のお兄ちゃん
「ってかデカすぎでしょーーーーーーーッ!!!(爆笑)」
皆さま大喜び大はしゃぎ

こいつの正体は“ダイナンアナゴ” でっぷりデカデカ    ※恵比寿の麦酒庵の皆さん  


青森で 長いまな板を作ってくださった村口社長さんから、
盛り箸もプレゼントしていただきました

店主、愛用しております
今宵の“盛り”も、お陰さまで 絶好調



そんなこんな、長いやつらに 囲まれながら、今宵も楽しく営業中~
1日1日をさらに大事に、新道亭での日々をさらに大切に、営業しております
皆さまに、会いたい気持ちがとても強い今日この頃

たくさんの方のお越しを心より お待ちしております
Category: 徒然
2015/01/30 Fri
店主を悩ませていた 前投稿登場の、ダイナンアナゴくん、

お刺身とっても美味しかったです “ダイナンアナゴの刺身orタタキ”
もしくは、カマ焼き、かぶと焼きも絶品。   長いモノには巻かれましょう♡

魚屋さん料理人さん みんなが欲しがるスター魚、

通称ハマー こと “ハマダイ(=尾長鯛)” くん。 今宵から召し上がれます
やっぱりスターは、外側も中身も、美しく輝いていました

昨晩 久しぶりに、店主がトントントン・・・

ダチョウの卵です    ダチョウは春になると卵を生みます
動物にとってはもう春なのでしょうか

ご要望にお応えして、

プリンになりました
“ダチョウの卵のプリン”は濃厚でトロッとしていて、なかなか形状を保てないのですが、
「今回のデキは大成功 今までで1番イイ」 
数に限りがあります あすにはもう無い可能性も・・・

今宵、寒いですが 逗子は雪ではありません 潤いの雨です
たくさんの方のお越しをお待ちしております^^


食材は「長いものには・・・」とか、「外側だけでなく内側も輝かないとね」とか
「もう春なんだよ」とか   たくさんのコトを教えてくれますね
自然に添って、心地よく 明るく楽しく 毎日を大事に大切に、営業します。
Category: 徒然

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

訪問者カウンター

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR