FC2ブログ
2014/10/02 Thu
毎日 夕方、その夜のメニューの書き換えをしておりますが、、、

左側、魚料理のコーナーをぜひよくご覧ください
突っ込みどころ満載で、書きながら一人で笑ってしまいました
「酢マンタって・・・酢マンタ・・・(個人的にツボでした)」


そんな、相変わらずの今日ですが、
月曜朝から水曜お昼まで、実は鹿児島にいました。
いつもの旅は 見学したいところと飲みたいところ以外は 空白に近い 我々の旅ですが、
今回は、鹿児島に大切な大好きな方々がいまして、いろいろ連れていっていただきました
せっかくなので、皆さまにも鹿児島を感じて頂こうと思います

まず空港から 北上

丸尾の滝   マイナスイオンで潤い、

霧島神宮の

ご神木に   お力を頂き、

大好きな

牧場で(宮崎県の 高千穂牧場)   放牧開放され、、、
やー観光ってのも楽しいんですね!!!^〇^

その後は 店主ウッキウキの

黒酢の壷畑へ・・・
やーーーーーーやっぱり、見学ってのも楽しいですね!(後日また載せます)

鹿児島のシンボル的存在、桜島は、

かなり元気でした。  初めて見ました。 雲じゃないです 灰です
鹿児島在住のお二人も驚きでした

灰で前が見えないくらいでした
車を降りて展望台から見ていたときも・・・昭和火口からまた・・・


桜島は何度もおがんでおりますが、こんなことは初めて。
地球の 大地の力強さを 体感しました。     。 。。

その後は 指宿で砂蒸し風呂でさらに地熱も感じ、大地パワーむんむん補充
さらに翌日も、薩摩富士と言われる

開聞岳と再会し、

大自然をたらふく取りこみました

そしてそしてそして、鹿児島に行った理由。


日本人の心です    カツオ節。工場見学をさせていただきました。
(これにつきましても、熱く書かせていただきます)

もちろん二晩ともしこたま飲み。
鹿児島は薩摩と言ったら、芋焼酎。焼酎も少しは詳しくなった我々。
やはり鹿児島の甘い正油には、キリっと焼酎が合うんですね


やーーーーーやはり、移動の分だけ人は成長する。
鹿児島のなかでも、大移動。
タケシさんみずえさんいつも本当にありがとうございます!^0^*
飲食業としても、人としても、また少し豊かになれた気がします

そんなこんな、大地のお力を頂いた二人が、今宵もまだまだお待ちしております
今宵でしたら、店主は、あなたのモノです 心より、お待ちしております♡♡♡
スポンサーサイト



Category: 訪問記
2014/10/03 Fri
鹿児島での、カツオ節と黒酢の投稿をしたいのですが、
情熱がありすぎて、長くなりそうで、したためながら、とりあえず今日の投稿を・・・


今日は店内いっぱいに、い~い香りが広がっております

なんて体によさそうな・・・
「これは何?」
答えは 今日の表の黒板に書き記されました

“イノシシ生ハムと、熊野地鶏と、サメと、マンタと、ウツボのスープ”
???!!!   「奥深いって言うか、何て言うか・・・(笑」 
頂きました。 
味、たしかに奥深く、、広がりがハンパなく、けれど綺麗に仕上がっている・・・
ちなみに、コラーゲンボール入っています。滋養強壮&美容に・・・
是非。

青森の先輩に助言を頂き、3週間のトキを経て、

出来上がった逸品 “カマスサワラの生ハム”
上の写真は、リクエストにより、魚の生ハム盛り合わせです
・アカマンボウのスモークとノンスモーク
・カマスサワラ 神経じめはシンプルに  あとは花山椒風味
・エスプレット唐辛子と ニンニク風味(スモーク)

メニューに載せたのは一昨日からなのに、飛ぶように出ています!
早い者勝ちです! 是非、お早めにご来店くださいませ


ちなみに、今日投稿いたしますのは、あす土曜がご予約でかなり満パンなのです
ご来店ご希望の方、一週間のお疲れを、美味料理でほどきに、今宵・・・是非。
たくさんの方のお越しを心よりお待ちしております

それにしても、、いい風ですね~・・・

Category: 徒然
2014/10/05 Sun
皆さんは、普段口にしている、お出汁の、カツオ節の、この、

お魚 カツオの状態から、どうやってカツオ節になるのか、ご存知ですか?
なかなかしっかりは浮かばないですよね
私たち、その過程を見るべく、ホンモノを作っている方に会いに、

空を飛んで、鹿児島は枕崎へ赴きました
枕崎市内に入ると、(嘘ではなく本当に)カツオ節の香りが漂っていました

日本のカツオ節の製造は、枕崎が4割も占めるようです
(ちなみにあとは、鹿児島薩摩の山川30、焼津30)

私たちが伺った、ホンモノの工場は、金七商店さん
到着した10時頃はカツオおろし作業の真っ最中でした

流れ作業でどんどん大量のカツオをおろしていました


作業と説明が落ち着いたタイミングで、

なんと、店主、カツオおろし作業をやらせていただきました!!
頭を落とすところから、3本の包丁を使います

どんな珍魚も、巨大な魚も おろしてきた百戦錬磨の店主ですが、

包丁も、おろし方も 全然違うようで、苦戦´~`;
↑上の中骨の辺りの作業は、4代目と3代目のみが行う、重要なところ。
その包丁さばきで、本枯節のまずすべてが決まってくるようです

カツオ節をこよなく愛し、すべてを熱く丁寧に教えてくださったのは、瀬崎さん。

ひじょうにイケメンです  オフモードの店主はどうしても締まりません笑
貴重な経験をどうもありがとうございました!!!


<おろす>作業の後を、追います
<仕分けて並べる>

解凍具合や脂ののり具合で 仕分けて、並べます  ※並べ方も重要です


<釜で煮る>
※ちなみに、鮮度がよすぎると身割れしてしまうので、ほどほどがベスト
瀬崎さんの職人の目で温度を判断し、65,70,80℃から、
40分かけて温度を上げ、93,94℃をキープし
計1時間50分、正方形の釜で 煮ます
10625090_577932828977403_7398677058368915378_n.jpg

<冷ます>
約1時間ほど冷ましてから、

<骨抜き>

一本に約10~20本の骨が入っているのを、凄まじい速さでどんどん抜いてゆきます

<いぶす>

↑焼津庫
横から強い燻製の熱風でいぶします 瀬崎さんは独自に工夫して、
ムラが出来たり、その他の焼津庫の難点を克服していました

もうひとつは、

↑急造庫
新道亭でも燻製を自家製で作っていますが、規模の違いにビックリ。
地下で薪をゴンゴンくべて、ガンガン燻します

日本では、カシや広葉樹の薪で燻すため、香りがとてもいいそうです
鹿児島の、枕崎で カツオ節製造が盛んな理由の1つですね。
薪の供給と、豊富な地下水と、船の往来と・・・  歴史と文化も垣間見ました

その地下の巻きくべですが、、、

超超超超 きついです。 まず、地下に居るだけで煙で苦しいのに、
瀬崎さんは超人


うちの店主もトライ・・・

意を決して突入!


即、脱出!!(約2秒)


涙涙の燻製店主です

ちなみに、シャレじゃなく、キツイです。 
遠山は死を一瞬意識したくらいです これを撮影後すぐ、逃げ出しました


<長い時間をかけて、いぶす>
その後3階へ移動。地下で燃やしている煙はもちろん上へ上へ
長い時間をかけてゆっくりいぶしてゆきます
燻して冷まして 燻して冷まして 燻して冷まして・・・
そして・・・


「煮魚」から「カツオ節」に姿を変えました


カツオ節に 種類があるということを、皆さまご存知ですか?
カツオ節には、大きく2つに分けて「荒節」と「枯れ節」という種類があります。

前編の投稿までの、燻す工程までのものを「荒節」
その後カビ付け(熟成)したものを「枯れ節」と言うのです
この投稿では、荒節から、「本枯れ節」になるまでのカツオ節を追います

荒節が左  右は本枯れ節になるために、

燻す前に カツオのすり身を塗られたものです
骨のあったくぼみや隙間を埋め、カビの侵入を防ぎ、形を整えるためです

形を整えるのは、昔お殿様に献上されていたからで、今でも、
例え同じ味でも、形で値段が違ってきてしまいます

なので、背骨に沿っておろすときや、
削りの作業↓は、職人技が必要になります

削って形を整えています 背中が物語ります

ちなみに、半分削らずに残すのは、

見た目と、元のカツオの脂や水分の具合を把握するためで、
仕入れる人は、ここの皮を見て質を判断、好みに合わせて購入するわけです

瀬崎さんは、超人であり、職人であります



そうして職人技で削られた節が、ついにカビ部屋に入ります

金額のはる菌を噴霧し、湿気を含んだ熱風が吹く部屋
湿度90% 温度27℃の部屋にいれます。
それから、20日間ほど毎日、換気、場所移動、湿度・温度の
微妙な調整を繰り返し、最初のカビをとります。

5日目
10646668_578840268886659_1035504917195926128_n.jpg

10日目

「おおおおお~」と思わず。「きれーーーーーーー」
カビが綺麗って、なんだか不思議ですが、カビ付けをすることで、
カビが脂と水分を吸収し、うまみと香りも倍増するのです

このカビ付けのときに、他のカツオ節屋さんと金七商店さんの大きな違い

カビにクラシック音楽を聴かせているのです

初めは、地味なカツオ節業界に注目を浴びさせようという目的だったようですが、
クラシックを聴かせることで、悪いカビが出なくなったり、カビがきめ細かくなったり、
瀬崎さんの気持ちも穏やかになったり^^、いいことづくめだそうです

触るとふわっと浮き上がる きめ細やかなカビ・・・


叩くと金属を叩くような音がして、割ると、

「美しい・・・」 うっとり。。。   もはやルビーです

カビ付けされたカツオ節たちは、天気の良い日に 天日に干されます
おてんとさまのお力で、虫を殺すこと、カビを休ませること、、、
1902007_577932928977393_7628409314406509077_n.jpg
そうして、またカビ付け、また天日干し、カビ付け、天日干し・・・
10534771_577933015644051_6308687603968890845_n.jpg
天日干し、カビ付けを3~4回以上繰り返したものを「本枯れ節」と呼ぶそうです
一級品です


そんなこんな 生切りから完成まで5か月から半年かけて作られる本枯れ節。
通常お家の食卓にある、削られた状態のものを「花かつお」

元のカツオの種類や、脂ののり具合や、血合いの部分か否か・・・全然違いますね
削り専門の会社が 枕崎には2社あるそうです

新道亭では 本枯れ節の、削りたてをお出ししております
削り方講座をお願いしちゃいました

持つ向きや、削る角度、初めて知りました

削っては、木槌で 刃の出具合を調整し、

削っては調整し、削っては調整し・・・
ついに、、


生のカツオの状態から、ここまで・・・    やーーーーーー遠山感動。

「飲んでみます?」
「ぜひっっっ!」

カツオ節を入れたお椀に お湯を注ぎ、、、飲む。 
うーーーーーーーーん。  うまい。 カツオ節だけでも、実に実に、うまかったです。 

瀬崎さんのおちゃめなところは、

持ってきていただいたポットが電子ポットで、電源が入らず お湯が出ず笑、
コップですくってお湯を注ぐという・・・笑  なんだか、まるで儀式のようになりました
私たちはこの光景を『枕崎の儀式』と名付けました。


この!枕崎の儀式が! なんと逗子は新道亭でも!!!
10/23 (木) 19時半くらいから
カツオ節ナイト!!!  参加者募集中です
木曜日でお帰りが遅い方も多いことと思います 遅れても大丈夫です
お料理はコースではなく、アラカルトですし、
瀬崎さんはカツオ節をこよなく愛してるので、お話はいくらでも伺えますし^^

日本人として生まれたからには、お出汁、カツオ節を心から味わいたいですね
人としてとても豊かになれた感じでいます^^ 
ぜひたくさんの方のお越しをお待ちしております

参加ご希望の方は、046-871-2012 もしくは直接スタッフまで^^
ホンモノのカツオ節を作る金七商店のHPは、こちら→枕崎 金七商店


長文乱文 お読みいただき、ありがとうございました。
と、いうわけで、
今宵もお待ちしております♡


ここで重要なお知らせ!!!
10/23(木) 19時半~ カツオ節ナイト   
開催決定いたしました!
今まで、日本酒やワインや器の イベントはやって参りましたが、今回はカツオ節。
鹿児島は枕崎からはるばると、イケメンのカツオ節王子が、新道亭に!!!
カツオ節のいろいろを聞きながら、店主のカツオ節料理を食す会    さいこうです。

その日しか王子様のご都合がつかなかったため、木曜なのですが、
19時半くらいから、ゆるゆると行いますので、遅くなっても構いませんので、
ぜひともお越しくださいませ  瀬崎王子は逗子にお泊りですので、夜遅くも大歓迎
ぜひぜひたくさんの方のお越しをお待ちしております
感激を共有したいです




ちなみに、昨晩はかなりのお客さまをお断りして;;申し訳なかったのですが、
今宵は反転、かなりお席に余裕ございますので、今宵もまだまだ、
たくさんの方のお越しをお待ちしております^^


Category: 訪問記
2014/10/07 Tue
カツオ節の後編の前に、とりあえず今日の見どころをご紹介
大人気、点心シリーズ。

今回は、カニと・・・

はい、いつもの如く、サメ。 “サメとカニのシュウマイ” 
ふわっと美味。早い者勝ち。

※写真は昨日の休みの日の様子「サメが見たい!」 
 少年のようにはりついてましたが、 心の中は「ギョウザの具・・・」 
 そんな少年、ヤです。笑

そんな少年Tはお店ではたくさんの笑顔を生んでおります

思わず誰もが大喜びの“秋鮭とイクラの土鍋ご飯”
とっても贅沢な、親子土鍋。とってもとっても幸せな気持ちになります^^


昨日のお休みも 水族館で魚を学び、呑み屋をハシゴして酒と料理を学び、
またまたさらに 色鮮やかに成長している新道亭で、

今宵もたくさんの方のお越しをお待ちしております

Category: 徒然
2014/10/08 Wed
カツオ節に 種類があるということを、皆さまご存知ですか?
カツオ節には、大きく2つに分けて「荒節」と「枯れ節」という種類があります。

前編の投稿までの、燻す工程までのものを「荒節」
その後カビ付け(熟成)したものを「枯れ節」と言うのです
この投稿では、荒節から、「本枯れ節」になるまでのカツオ節を追います

荒節が左  右は本枯れ節になるために、

燻す前に カツオのすり身を塗られたものです
骨のあったくぼみや隙間を埋め、カビの侵入を防ぎ、形を整えるためです

形を整えるのは、昔お殿様に献上されていたからで、今でも、
例え同じ味でも、形で値段が違ってきてしまいます

なので、背骨に沿っておろすときや、
削りの作業↓は、職人技が必要になります

削って形を整えています 背中が物語ります

ちなみに、半分削らずに残すのは、

見た目と、元のカツオの脂や水分の具合を把握するためで、
仕入れる人は、ここの皮を見て質を判断、好みに合わせて購入するわけです

瀬崎さんは、超人であり、職人であります



そうして職人技で削られた節が、ついにカビ部屋に入ります

金額のはる菌を噴霧し、湿気を含んだ熱風が吹く部屋
湿度90% 温度27℃の部屋にいれます。
それから、20日間ほど毎日、換気、場所移動、湿度・温度の
微妙な調整を繰り返し、最初のカビをとります。

5日目
10646668_578840268886659_1035504917195926128_n.jpg

10日目

「おおおおお~」と思わず。「きれーーーーーーー」
カビが綺麗って、なんだか不思議ですが、カビ付けをすることで、
カビが脂と水分を吸収し、うまみと香りも倍増するのです

このカビ付けのときに、他のカツオ節屋さんと金七商店さんの大きな違い

カビにクラシック音楽を聴かせているのです

初めは、地味なカツオ節業界に注目を浴びさせようという目的だったようですが、
クラシックを聴かせることで、悪いカビが出なくなったり、カビがきめ細かくなったり、
瀬崎さんの気持ちも穏やかになったり^^、いいことづくめだそうです

触るとふわっと浮き上がる きめ細やかなカビ・・・


叩くと金属を叩くような音がして、割ると、

「美しい・・・」 うっとり。。。   もはやルビーです

カビ付けされたカツオ節たちは、天気の良い日に 天日に干されます
おてんとさまのお力で、虫を殺すこと、カビを休ませること、、、
1902007_577932928977393_7628409314406509077_n.jpg
そうして、またカビ付け、また天日干し、カビ付け、天日干し・・・
10534771_577933015644051_6308687603968890845_n.jpg
天日干し、カビ付けを3~4回以上繰り返したものを「本枯れ節」と呼ぶそうです
一級品です


そんなこんな 生切りから完成まで5か月から半年かけて作られる本枯れ節。
通常お家の食卓にある、削られた状態のものを「花かつお」

元のカツオの種類や、脂ののり具合や、血合いの部分か否か・・・全然違いますね
削り専門の会社が 枕崎には2社あるそうです

新道亭では 本枯れ節の、削りたてをお出ししております
削り方講座をお願いしちゃいました

持つ向きや、削る角度、初めて知りました

削っては、木槌で 刃の出具合を調整し、

削っては調整し、削っては調整し・・・
ついに、、


生のカツオの状態から、ここまで・・・    やーーーーーー遠山感動。

「飲んでみます?」
「ぜひっっっ!」

カツオ節を入れたお椀に お湯を注ぎ、、、飲む。 
うーーーーーーーーん。  うまい。 カツオ節だけでも、実に実に、うまかったです。 

瀬崎さんのおちゃめなところは、

持ってきていただいたポットが電子ポットで、電源が入らず お湯が出ず笑、
コップですくってお湯を注ぐという・・・笑  なんだか、まるで儀式のようになりました
私たちはこの光景を『枕崎の儀式』と名付けました。


この!枕崎の儀式が! なんと逗子は新道亭でも!!!
10/23 (木) 19時半くらいから
カツオ節ナイト!!!  参加者募集中です
木曜日でお帰りが遅い方も多いことと思います 遅れても大丈夫です
お料理はコースではなく、アラカルトですし、
瀬崎さんはカツオ節をこよなく愛してるので、お話はいくらでも伺えますし^^

日本人として生まれたからには、お出汁、カツオ節を心から味わいたいですね
人としてとても豊かになれた感じでいます^^ 
ぜひたくさんの方のお越しをお待ちしております

参加ご希望の方は、046-871-2012 もしくは直接スタッフまで^^
ホンモノのカツオ節を作る金七商店のHPは、こちら→枕崎 金七商店


長文乱文 お読みいただき、ありがとうございました。
と、いうわけで、
今宵もお待ちしております♡
Category: 訪問記
2014/10/10 Fri
こんばんは 5時過ぎから着々とこなし、今は落ち着いている新道亭
もっと働きたい会いたいので、blog投稿して、少しでもアピールしようと思います´~`

店主も私もネズミ年なので、きっと ずっと動いていたいのかもしれません

店主はまた今年も、“自家製レモンチェッロ”を、只今 仕込んでおります

宮崎!!県産の、フレッシュな青々としたレモン

お酒に浸していった直後から鮮やかに発色しております
飲みますよね?もちろん。そこの貴方♡


チェロだけでなく、新しいメニューが続々。

こちらは“ワンタンと豆腐のスープ” もちろん「普通に」サメのワンタンです
今日お昼のまかないで

頂きましたが、「うまっっっ!!!」と叫びました 本当に美味しい。

ちなみに、ウツボスープはコラーゲンたっぷり お肌もぷりっぷり
“ウツボスープうどん”は今宵のメニューにも載ってます
※ちょっとコワイ顔は乗っていません

ご来店が昨日の方でさえ、油断できませんよ
昨日から、またさらに今日新作10種以上。    いやはやいやはや
例えば “松茸の土瓶蒸し”だったり“地卵の卵焼き”だったり・・・


今宵もまだまだ たくさんの方のお越しをお待ちしております
あすは土曜ですが、まだお席にゆとりございます
今週末もたくさんの方のお越しをお待ちしております
新道亭は台風にも動じません´~`


~~~~~~




Category: 徒然
2014/10/17 Fri
投稿が空いてしまいました ブログの管理サイトの調子が悪かったのです;;
アナログの私には何もできることがありませんでした;;
もう金曜日です
ちなみに今週頭のお休みは、

油壷マリンパークではしゃぎ(サメを見て)、サメ図鑑を買ってほくほくの店主です

どうやら、サメのことは、生物としてより、食材として・・・
メニューを見れば一目瞭然です

それ以外のものも要注目です 
スピードメニューには、呑兵衛泣かせのサイコウの肴が山ほど、
熊野地鶏のコーナー、昨日はあった鶏さしが瞬時にして消えましたが、鶏わさはできます、
“錦木(にしきぎ)”は、大根おろしは鬼おろし×安曇野の本山葵×枕崎のなまり節・・・
正直、極上よりどりみどり


よりどりみどりなのは、お飲み物も・・・

店主がまたしても作りすぎた“レモンチェッロ” フレッシュな緑レモンが使われました
肝臓を酷使する皆さまに嬉しい(私たちも嬉しい)“紅芋酢サワー”も登場
紅芋酢は、中性脂肪を下げて、肝機能を上げる・・・
なんともハッピーな上に、美味しい!!   ぜひいろいろご賞味くださいませ^^


と、こんなところで今回は投稿します 鹿児島の、黒酢見学の模様もお楽しみに^^
今宵もたくさんの方のお越しをお待ちしております
今宵と明宵、まだお席にゆとりございます 笑顔でお店が埋まりますように^^^^^^


Category: 徒然
2014/10/22 Wed
皆さま!!! あすですよ、カツオ節ナイト!!!
店主は、それはもう真剣に 美味しい楽しいイベントになるよう・・・

計画をずっと練っております  
(この貼り付けられたような下書きの本書きがなかなか大変なのです笑)

平日なので、19時半~遅めスタート
アラカルトなので、お仕事終わりにふらっとでも構いません
瀬崎さんは逗子泊なので、いっぱいお話伺えます
ぜひ!!!

鰹からカツオ節になる過程、予習したい方はどうぞ♡↓
鰹から カツオ節へ 【前編】  【後編】 ※私たちの見学録ですが



そんなカツオ節ナイトを前日に控え、
残されていた 鹿児島でのもう一つの見学録

黒酢の壷畑です
鹿児島は福島町の、手づくりで黒酢をつくる様を垣間見ました

こちらでは、玄米と麹と 自然が生む硬度30の柔らかい水のみで仕込まれます
陶器製のかめ壷で、太陽の光をたっぷり浴びる屋外で、

発酵~熟成へ    
3年以上の時間をかけることで、深みとうま味と柔らかい“黒”酢へ・・・

変化を見せていただきました



色だけでなく、味も香りも、年月によって深まり、
はじめは「スッパ!」とカタかったのが、最後の熟成されたものは「美味しい・・・」

黒酢は生き物。杜氏さんがたが、壷によって違う それぞれの発酵具合を
丹念に確認、日々手入れすることで、美味しい黒酢に仕上がります

ちょうどこの日も何名かの杜氏さんがたが 確認をしていました

人の力と 素材と、

豊かな自然環境が生み出すんですね
新道亭でももちろん黒酢たくさん入手いたしました
黒酢を使った健康料理、お楽しみに・・・


黒酢料理も期待大なのですが、うちのじい様は、一点集中型
カツオ節ナイト 一色。

“マンタのお好み焼き~カツオ節まみれ~” は明日限定です
※主役は、マンタではなく カツオ節です


はてさて、明日のイベントのことと 過去の訪問記ばかり書きましたが、
毎日の営業が何より愛しく大事。

“かつお味噌”は呑兵衛泣かせで、今宵も召し上がれます
あすはイベントで大盛り上がり、しっぽり呑みたい方は、今宵ぜひどうぞ

あすは イベント用メニューで、様々なかつお料理になるので、

こんな美しいその他料理を召し上がりたい方も、今宵ぜひ
↑“自家製 魚の生ハムサラダ” として召し上がれます

雨×風×平日×ご予約少なし・・・
今宵今宵今宵!しっぽり派のあなた、あすも来るけど今日も来たいあなた方、
ぜひ、心より、お待ちしております

Category: 訪問記
2014/10/23 Thu
今宵カツオ節ナイト 19時半くらい~ゆるゆると。
ちょっとでも興味のある方、ぜひどうぞ!


♪お魚くわえた どら猫、おおっかけぇて~

カツオ節職人の瀬崎さんにとって、カツオ節をくわえてってしまう猫は
“商売敵”だったようですが、うちのじい様にとっては・・・

「にゃあーーー♡」 「あ``ーーーー」
たまに“掃除敵”
掃除しているそばから ゴロンゴロン    爆笑の光景。

「よおし こうなったら」と、

毛玉の根源を コロコロ毛をとるじい様
ですが、みょうみょうは

「気持ちええにゃーーーーー♡」 と 至福のひととき笑
みょうみょうが居る限り この愉快な戦いは続くでしょう・・・

枕崎でカツオ節を作る限り、瀬崎さん×猫との戦いも続くのか、
や、しかし、
この上等なカツオ節を見て、

一番ときめくのは、

もしかしたら、猫の皆さまなのかも・・・

瀬崎さんは、可愛そうなことに、どちらにしろ、今宵イベント終了後、
同じ屋根の下、ともに過ごすことになります・・・笑

“商売敵”・・・や、“上得意様”と♡
みょうみょう(♀)が、イケメン×カツオ節の香りプンプンの
瀬崎さんを追い回す光景が楽しみです笑


今宵、カツオ節ナイト、ご予約なしで ふらっとも可!
極上 串本のブランド鰹 その名も“ケンケン鰹”も入荷!
楽しい大会も開催!!!
たくさんの方のお越しをお待ちしております♡
Category: 徒然
2014/10/27 Mon
皆さまお待たせいたしました
あの、熱い熱い、夜の 備忘録です


この日の為だけに、

限定特別メニューを 用意し、

当日は 物販コーナーも設置して、


いざ。

超満員

※これでもまだ8割の時間
雨の木曜にまさかの、増える増える増える…
満員電車の表現で言うなら、200%乗車
有難や有難や 感謝感謝。

この超満席を、料理人一人でこなした店主ですが、手を抜きません
芸術です

佐島の新倉さんから店主への、愛。

和歌山のシオピョンさんからは、ブランドの

ケンケン鰹も入手。鰹のタタキ、飛ぶように出ました

お料理お飲み物を しばし満喫していただいた後はいよいよ、、

鹿児島は枕崎から、かつお節職人の瀬崎さんから、
かつお節の製造行程等の、熱い説明
皆さますごく真剣に聞いてくださいました
お魚の鰹から かつお節へ、身近な存在であるからこそ染みましたね

その後は、なんと

解体ショー

お刺身用とは違う、大胆でスピーディーなおろし方に

皆さま夢中でした

その後は、熱い熱い、削り大会

白熱しているのですが、実は、

地味。笑

大人たちが 降り乱れて 熱血戦う姿は、

いとをかし でありました

カンナの削り器ではなく、ぐるぐる回すタイプで、1分間

かなり体力を使うようで、全身全霊の戦いでした

最終決戦は

もちろん、、

我らがじいさま(右)
vsかつお節王子瀬崎
vsまさかの和歌山から、魚屋シオピョン

やはり、かつお節王子WIN
けどじいさまも、頑張った、
料理を・・・

一度にこの伝票の数・・・ 裏にもまだまだ。
いやはやきつかったです正直。ご迷惑おかけしました。

イベントも落ちつき、深夜ついに、あの儀式

電子ポットの、電気部分を忘れるという、おちゃめな瀬崎さん、
お店でもあえて、電気を外し、お椀で。
紙コップはなかったのですが笑

枕崎の儀式を 再び行えました^^

さらに深夜は、一画が魚変態のたまり場と化しました

全国の魚変態の方々です
こうして集まって頂けるのも、店主の魚への尋常でない愛があるからか
今日も実は今、
長崎にいます(○_○)!!

かつお節ナイト以降、木金土日とかなり忙しかったにも関わらず
早朝に起き、なんとか長崎まではたどり着きました
が、今日の目的地、五島列島の福江島までたどり着けるかは、
今 身を委ねている、バス次第・・・
福江島に行けても、宿もこれから・・・

福江島には、素晴らしい魚を扱う林鮮魚店さんが、
あすの長崎には これまた魚屋さんのタクジーさんが、、
さらに店主の 魚変態レベルを上げて、逗子に戻ります
お楽しみに・・・



すごく盛り上がったかつお節ナイト、
お客さんで来てたはずの、ジョリーと元スタッフのぐりーが手伝ってくれました
何も言わなくとも、一番やってほしいことをやってくれる
お客さんも 二人が接客してくれてとても喜んでくれる
本当に嬉しかったあ どうもありがとう!
ナイト後、優しい言葉や飲み物で私たちを労ってくれる方々もいらっしゃり、
疲労感のなか、たくさんの方の優しさが染み渡りました
本当に本当にありがとうございます



たくさんの楽しそうな笑顔、お客さん同士の繋がりが生まれて、
いろんな意味でも、とても幸せなイベントでした
またやりましょう か^^

瀬崎さん、来てくださった皆さま、頑張ってくれたスタッフたち、
みんなみんなどうもありがとうございました


疲労体ですが、長崎満喫してきます!
Category: 祭事
2014/10/30 Thu
怒濤の1週間を終えた後、電車飛行機、、

フェリー上で店主を発見


五島は福江島、
林鮮魚店さんに伺いました

ちょうど忙しい時間帯にお邪魔してしまいましたが、
林ともみさんの 並々ならぬ仕事への情熱を垣間見れました
(※林さんは写真はNGなので載りません)

戦争が終わるまで、平和に、

いけすを見させて頂いたり、
すぐ近くの海を見たり、、、         のどかでした。

※カナヅチじいさまの、海までの距離に 遠山爆笑

林さんが仕事を終えた後、たくさんの場所を案内してくださいまして、
観光もさせていただいた後に、ゴングが鳴りました

フードファイト並みの魚料理の数々
林さんの美味しい日本トップレベルの魚は極上に美味しかったのですが、
肝臓はタフ but 胃袋は小さめの私たちは、ノックアウトされました笑


翌朝は・・・
久しぶりの‘爽やかな日の出’(仕事終わりでなく、たっぷり寝た後の) と、


初めての、セリ

真剣なまなざしと、威勢のいいかけ声の中、魚の入った箱が次々と消えてゆきました
シケで、かなり少なかったらしいのですが、私には今までで一番のキレイで
鮮度もよい魚たちでした   今度は多いときも見てみたいなあ

林さんにとっては、「全然ダメ」と、ほとんど魚は買ってらっしゃらなかったのですが、
いくつか買った魚は、直後に、スタッフの方が 走って持ち去り、
すぐさま、

神経ジメ       凄いスピード感でした

福江島、ノープランで何も知らずに行きましたが、林さんのお陰で、

大瀬崎に
どこまでも続く白浜



堂崎教会   を満喫させて頂きました


長崎の歴史もたくさん伺い、面白く、自然ともたくさん触れあえました

たくさん触れあったのは、魚と海だけでなく・・・

ネコたちも・・・
林さんが9匹も猫を飼われているだけでなく、のらも多く、
猫の島と言っても過言でないです。
ちなみに、長崎市を歩いても猫が多く、長崎ではなく「にゃがさき」だと思いました
みょうみょうによって 猫好きになっている私たちには極楽でした


その、にゃがさきでは、、

大きな魚屋さんの タクジーさんと、右腕ミキさんと 一緒に飲ませて頂きました
魚や仕事への向き合い方や 生き方がなんだか似ているところを感じ、
とってもとっても楽しい飲み会でした  (翌朝は若干ダークでした)


福江島の林さん、林鮮魚店の皆さま、にゃがさきのタクジーさん、ミキさん
大変お世話になりました  逗子にいらっしゃった際には・・・期待してくださいっ
ご恩はお魚とお店で、お客さまに返してゆきます
本当にどうもありがとうございました


そんなこんな、さらに魚変態 料理変態の道を突っ走る、
成長の止まらない店主が、今宵もあなたをお待ちしております
ちなみに、お待ちかね“山伏 壱” 届きました´~`

今宵たくさんの笑顔をお待ちしております
Category: 訪問記

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

訪問者カウンター

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR