FC2ブログ
2013/02/01 Fri
「まさか二日続けて更新するなんて」とのお言葉をもらったので、
その期待以上のものをと思い、今日も合間をぬって、三日連続更新´~`

昨晩11時半の映像です

うちはカウンターが大人気です  
店主と話すことができるのはもちろんのこと、

中の様子を見るのが とっても楽しいのです
大っきな桶で 大量の白菜の浅漬けを作っています

あと昨晩は、、





そうです 手打ちパスタ。 こちらはタリアテッレ。
エゾ鹿のラグーソースを作ったので、お客さまのご要望にお応えして、手打ちの麺まで。
イタリアンでもないのに・・・やー凄い。 しかも深夜1時半の映像です 楽しそうでした
見ているのも楽しかったです  お客さまがたも釘づけでしたね

裏でも地道な仕込みが行われています 

サーモンの骨抜き中  燻製のサーモンになります



今日は団体のお客さまもいらっしゃいますが、スタッフの熱い気持ちを感じ取った方、
二日連続でも三日連続でも、お久しぶりでも 初めましての方も、大歓迎お待ちしております^^
  
スポンサーサイト



Category: 徒然
2013/02/06 Wed
節分には 毎年お豆を供給されます
こちらは2012年の豆まきの様子

鬼役なのに福の面をかぶった店主が 豆をまいてます(店主はお面好きで、私物です)
去年は平和でした。 が、今年は男子の数が増えて、鬼は劣勢でした


福の神は とっても楽しそうでした

福の神は また店内に帰りました。
その痕跡。

すごく忙しい日で、節分の日が終わるギリギリになんとか間に合いました
散りばめられたお豆たちは 恵みの雨が綺麗に流してくれました
店内では、営業もお役も終えた店主が「恵方飲みというのがあるらしい」と・・・

南南東を向いて、ケイちゃんがくれたワインを皆で空けています
さすが店主、傾け具合が違う 仕上げに入っています
速い・・・

負けてられません

ちなみに カツの後ろで空けているのは、
店主と同い年で 横須賀でお店をやっているメグロ君。
“酒と漬けもの”の居酒屋さんです 七代目和水 居心地よいです^^
横須賀に行かれる際には ぜひお立ち寄りください

若き店主たちの 熱い乾杯でした。


うちのブログ「載せといてね」出たがりが多い・・・

チーム小杉。    武蔵小杉在住の友人たち。
ボーダーと水玉、靴下もボーダーと水玉なんだとわざわざ見せてきました。
「彼氏募集中 ご連絡は、新道亭へ」    これでいいでしょうか


また近い内に来てくれるだろうとの期待を込めて、
みなさん、載せましたよ??

顔が多い方が楽しいブログだと思います、
載りたい方はぜひお声をおかけください笑´~`



今日は寒い×雨  逗子の町は歩く人の数が減ります
そんな日も もちろん温かく楽しく営業しておりますので、
たくさんの方のお越しをお待ちしております

朗報、今日なら“最新型マーボー豆腐~since2009秋~”あります!!
ファンの方々、お召し逃しなく!!!
Category: 祭事
2013/02/09 Sat
アンコウが入りました
16歳の頃から相手をしている店主はうっとり

5.5キロだそうです なかなかのサイズで重たそうでした
アンコウをおろすときは つるしておろすそうです
するするーっと皮がきれいに剥がれてゆきました

この後 ぬめりをとったり湯通ししたり、、深夜までかかっていました
美味しいアンコウ鍋や、アンコウの唐揚げ、アン肝 ぜひお召し上がりください

表でアンコウをやっていると思ったら

裏では“田舎風パテ”の仕込みです
パテやつくねやソーセージ、混ぜるのは体力勝負です 今回はカツが筋トレ。
うちの加工肉はすべて自家製なので、仕込みの度に腕力を鍛えているようです

ちょっと激しい映像が続きましたので、ほっこり・・・

“フォンダン・ショコラ”
バレンタインデイに向けて チョコレートのデザートが登場
オーダーを頂いてから焼き上げますので、外は・・・中からトロ~っと・・・
サイコウでした。今まで食べたチョコレートケーキの中で私の中ではトップです´~`
あと6,7こだそうです お召し逃しないように´~`



あすから2日間、“秋田 大人の修学旅行”に行って参ります
結局 スタッフ含めトータルでなんと18名さまとなりました
1日目 “雪の茅舎”酒蔵見学→店主いわく日本一の居酒屋“酒盃”で宴
2日目 秋田内陸縦貫鉄道にて 雪見列車×どぶろく、雪見風呂×どぶろく
・・・想像しただけで 幸せのため息・・・
店主とカツはだいぶ前からウキウキしまくり、今日なんかワクワクウッキウキ
今回 残念ながら参加できなかった方、きっとまた何かしらあると思うので、
泣かないでくださいませ ブログアップがんばりますね!´~`

日曜にお休みを頂き、申し訳ないのですが、たくさん学んで吸収して参ります
どうかお許しくださいませ




今宵も盛り上がりますように・・・
では~
Category: 徒然
2013/02/10 Sun

鳩サブレーとやかんを持った男が逗子駅に・・・
彼はいったい・・・




秋田へ いってきまー!ーす!
Category: 訪問記
2013/02/10 Sun
大人の修学旅行、無事に終え 帰還しました。素晴らしかったです すべて。

まずは“乗り鉄”としては 新幹線のなかの景色で楽しみました
仙台あたりから雪が目に入ってきて、盛岡を過ぎたら 見るところはもう、白白白・・・

秋田で乗り換え、羽越本線にて 齋彌酒造さんのある羽後本荘駅へ
途中 列車のなかからは日本海が見えました
ホームも「ホーム?」というくらい、埋もれている駅が多かったです


到着  モダンですてきな外観です

蔵の中で 仕込み水を飲ませていただきました

秋田県内では珍しい中硬水だそうで、山廃に適しているそうです
やわらかくもきりっとした印象を受けました とても美味しい水でした
高橋杜氏に直接たくさんのお話を聞かせていただきました
麹室です

麹室内での箱等が機械だったことに驚きました いくつもの酒蔵さんにお邪魔して、
「酒蔵って 昔からの伝統と近代文明が融合したような不思議な空間だな」と私個人は
前々から思っていましたが、齊彌酒造さんでは特に強くそのことを感じました
要るものと要らないもの、目の前にある酒とこれからの時代、
決して口数の多くない高橋杜氏のお話は 深く、とても響きました




「これは“秘密”」と言って、秘密のものも見せていただきました

これが何であるかは“秘密”です

高橋杜氏含め、蔵人さんがたの半分は農家だそうです

酒造好適米を自らの手で栽培、冬は蔵で仕込み・・・

お話×試飲をいただいていると、お昼の休憩が終わり 洗米作業がスタート、
いちばん手をかけているという 洗米の風景を有難くも見せていただきました!!

無駄なく効率のよくなるように 計算された配置や培われた動き、
全員集合で行われる洗米作業で 蔵人さんがたの真剣なまなざしが印象的でした
中でも 職人のなせる業だと感じたのが、

浸漬。
徹底的に三度洗われたお米に 水を吸わせます この浸漬作業が少しでも狂うと、
お酒の味が変わります 後戻りのできないとても重要な作業です
高橋杜氏の目で「ここまで」と感じるタイミングからスタートです
高橋杜氏がミテいるものは、浸漬具合です


透明な部分が少なくなっているのがお分かりになりますか?
浸水した部分が白くなります 全体を見て、どこまで吸わせるか判断します

同じ米の品種でも ひとつひとつで全て異なるそうです
同じように仕込んでも、同じようにお酒ができてくるわけではない
見学参加者の女性の方々が「子育てみたい」とおっしゃっていました
なるほど、そうだよな と。マニュアルを見てお酒を造るのではなく、
そのものを見て、造っている 育てていると感じました。

最後に、見せていただいた高橋杜氏のノートの いちばん初めのページ、
“日本酒とは”にとても感激したので、了承を得て載せさせていただきます


その他、蔵がとても清潔であったこと、安全に対する配慮があったこと、
次世代を担う蔵人さん方への教育や想い 随所に響く箇所がありました
自分のこれからや 新道亭にも当てはめて、さらに成長しようと思いました
大人の“修学旅行”と言って恥ずかしくない、とても素晴らしい学びを頂きました。
何より、試飲でいただいたお酒が 美味し過ぎました。


たくさんのお話をしてくださった高橋杜氏、
お迎えや案内や宴への参加をしてくださった佐藤部長さん、
忙しい時期に 丁寧なご挨拶や対応をしてくださった蔵の方々、
どうもありがとうございました。
想いや 丁寧で熱いお仕事を、ご来店くださる方々に伝えてゆくとともに、
美味しい雪の茅舎、さらに浸透してゆくようがんばらせていただきます
本当にどうもありがとうございました。



以上、初日の齊彌酒造さんの酒蔵見学 報告記でした。
その夜の宴、翌日の雪見列車の投稿はまた別で、、、

お世話になっている秋田の酒屋さんへの挨拶もゆき、また新しいお酒が増えてます
今日もたくさんの方々のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/02/14 Thu
大人の修学旅行、一日目の夜は 大人らしく、宴です。
秋田駅からタクシーで10分弱走ると 風情のある建物が・・・

店主の敬愛する居酒屋「酒盃」さんでの宴 
通常は使用していない2階のフロアを貸切で使わせていただきました


カツが撮影してくれていましたが、ここから先の写真はありませんでした
お料理がおいしすぎて 宴が楽しすぎて、写真どころではなかったんだと思います
18名で大いに盛り上がり、店主のスペシャルな企画書(↓)どおり、

“泥酔し 各自ホテルへ”向かいました  楽しかったですねー
最後は酒盃の大将も一緒に飲んでくださってありがとうございました
店主含め我々ほろ酔いですみませんでした どうもありがとうございました
またすぐ、伺います  私たちの秋田のパワースポットへ

ご参加くださった皆みなさま、“はじめての旅行”でしたが、無事に終わったのは
皆さまのお陰さまです どうもありがとうございました また行きましょう´~`
今回 涙を飲んだ方々、次の企画(あるのか?!あるでしょうね)で、ぜひ


修学旅行から帰ってきて、余韻に浸ってるんではありません 
すぐに切り替え、


上:今回はついに豚の生ハム
下:第二弾 いのししの生ハム
店主は生脚がお好きなんではありません、今 生ハムを仕込む時期なのです

昨晩はなんとも可愛らしい

ニョッキ。   金太郎飴のようでした
「どうしてこんな面倒なことばかりやってしまうんだろう」と
首をかしげつつ、お客さまには「店主すごく楽しそう」と・・・たしかに笑。
今は“手打ちニョッキ 4種チーズのソース”でお出ししております

そして、、


チーズケーキ!!!  柚子のチーズケーキです
前々回載せたフォンダンショコラは ラスト1つです 早い者勝ちっっ


最後に いつも私が元気をもらうスイセンを・・・

コンクリートの割れ目から 力強く生えております
去年 咲き終わった後に切りましたが、この時期になると毎年咲いてくれるようです
短い時期には 忙しない私に踏みつぶされもしましたが、そんなことは気にせず、
パワーを分けてくれます。有難いです。あすかあさってには一番手が咲きそう・・・

そんな、お料理やイベントだけでなく 見どころのある
“逗子のパワースポット”新道亭で たくさんの方のお越しをお待ちしております

Category: 訪問記
2013/02/19 Tue
先週の“大人の修学旅行”続きの投稿です
今日 逗子も雪がちらつきましたが、秋田の雪は迫力が違いました。

2日目は秋田駅に集合して 角館まで新幹線、角館は

雪に覆われていました。前に来た初夏のときとは大違い。
かまくらが作られていて ポストもすっぽり埋もれています
乗り込む‘秋田内陸縦貫鉄道’の駅の前に変な物体を発見しました

やかんにカセットコンロ・・・
こういうことです。

前日 購入した‘雪の茅舎’をお燗にしています
「列車のなかで 雪を見ながらお燗を飲みたい。皆に配るんだ」と逗子から持参。
いざ。

ワンマン列車1両編成 可愛い黄色の列車に乗り、出発!

白銀の世界へ・・・

線路すら見えない・・・

中では、

逗子の店主と横須賀の店主。
あまりにも冷えていたため、ひと肌くらいにしか温まりませんでしたが、
とても美味しい燗がつき、うちの店主はほっと一安心。
皆さまにも喜んでいただきました。次はお座敷列車貸切できたらいいですね´~`
雪はどんどん深まってゆきます


阿仁またぎ駅で下車  迎えに来ていただいたバスに乗り、深い雪のなかを進み

打当温泉(うっとう)にゆきました。そこでは

自家製どぶろくをいただきました。
店主「もっと入ります もっと入ります MOTTOMOTTO」
あとは 美味しいお昼ご飯

美しい雪景色を見ながら。。。

お昼ご飯の後は しばし休憩後、雪見温泉。
日頃の疲れと 前日と日々のアルコールが体から蒸発してゆきました

ほっこり温まって 帰りも雪見列車へ
あまりにも雪が深いので 「来るのかな?来るのかな?」でしたが、

興奮してしまいました


大人の修学旅行、総じて言うならば、白かったです美味かったです。
たくさんの学びを頂きました。一緒に行ってくださった皆さまありがとうございました。




今日はとっても寒いですね 新道亭では お燗をはじめ、お酒もソフトドリンクも
温かいお飲み物を多々ご用意しております もちろんお料理も多々
帰り道でも 回り道でも ふらっと温まっていってくださいませ
お待ちしております´~`♪
Category: 訪問記
2013/02/20 Wed
おはようございます 今日も 雪ではないですが、寒いですね・・・
最近 注目のメニューたちをいくつかご紹介いたします

まずは、、新道亭と言ったら、

ダチョウ。     ダチョウをウリにしているわけではないですが、
「他ではなかなか食べられない」と言っても過言ではないので。
こちらの写真は、ダチョウの‘首とアキレス腱ともも肉’の煮込みです
今は“ダチョウの首とアキレス腱ともも肉のカレー”としてお出ししております^^

お次は お好きな方はとことんお好きな、

豚足。  それが手間という名の手間をかけられ

“豚ほほ肉をつめた豚足焼き~芋のピューレ添え~”として テーブルに並びます
うちは本当に居酒屋なのでしょうか・・・店主曰く「うちは最先端izakaya

大人気“生雲丹とカリフラワーのムース”「シリーズ化してほしい!!」という
多数のご要望を受け、今回は第3弾です

何でしょう?    そうです、ニンジンです。   カリフラワー、カブ、ときて今回は
ほんのりオレンジが愛らしい“生雲丹とニンジンのムース~かつおだしのジュレ~”です
今回こそは できあがりを写真におさめなければ・・・  今日からです 早い者勝ちです。

横文字を使わずに なんだかほっとするメニューも多々あります

“鰯の梅煮”
間違いないです。



そんな多才な出口店主、おとといの休日は

六本木でartに触れたり、(センスを培いました)

立石でほろ酔いになったり、(他店から学びました)
寝過ごして気づいたら 三浦海岸で(きっと海を感じたかったんでしょう)
目覚めてタクシーで帰ったり、、、    休日も多彩です。



最後に、最近ひそかに話題の一品を。

“焼きおにぎり”
紫蘇やゆかりが入っています おつまみにもなるハマってしまう焼きおにぎりです
「名店は焼きおにぎりが美味い」新道亭もだんだんと名店に近づいているようです


そんな見どころ食べどころ満載の新道亭、
今宵もたくさんの方のお越しをお待ちしております´~`
Category: 徒然
2013/02/26 Tue
昨日の休日は『四恩醸造 小林さんを囲む会』に参加してまいりました

はじめはいろいろ質問させていただき、あとは一緒に飲ませていただく感じ。

通称つよぽんさんはとっても面白い方でした。アーティストだな と思いました。
食べることがとてもお好きのようで、ワインはその食事に彩りを添えるものだと
おっしゃっていました おっしゃる通り、四恩さんのワインは食事にばっちり!
油彩の花たちも食卓に並ぶとまた華やか!

サインをもらいました その後ろの方にボトルが見えます
やーーーー美味しかったです 3月発売の“クレマチス 橙”“クレマチス ロゼ”は
亜硫酸をまだ添加していない段階のものを頂いて感激。元気な微発泡で、うまい濁り。
そのまま瓶づめすると 暴れるかもしれないのと キリっとさせたいとの考えで、
極少量の酸化防止剤を添加するようですが、全くの無添加のものもいただきたいなあ
今うちのお店では“ローズ 橙”“ローズ 白”“ローズ 赤”“ブーケ 橙”が
お楽しみいただけます ぜひお食事に彩りを・・・


そんなワインに劣らないくらい華やかなうちのお料理と厨房も・・・

“生雲丹とニンジンのムース~かつおだしのジュレ~”
見ているだけで 幸せなため息がこぼれます
ついに写真をゲットしました ブログを見てくださっている方が
「写真をぜひ」と。ご協力ありがとうございます´~`

先週 厨房が白菜畑になりました


5代目の作る 甘みが出るまで待ってから収穫した 大量の白菜を、
塩漬けしました。  本日、手製のキムチの素で キムチ作りです。
今日の店内は たぶんキムチの香りむんむんでしょう
韓国オモニ直伝(本当です)のキムチです
「いつからお出しできるかな?」
「自然がつくるものだから分からない
店主は発酵食品が作るのも食べるのも大好きです(お酒も)
召し上がれるようになったら公表いたしますので、ぜひご賞味ください

西表島産の天然の猪は、

“猪の赤ワイン煮とじゃが芋のグラタン”として大好評

お客さまの大槻さんの実家から送られてきたキウイたちは、

“大槻さん家のキウイのタルト”として大好評

そしてそして

お待たせしました ダチョウの卵の・・・

カタラーナ!!  アイスクリームのような口どけの焼きプリンです
(キウイタルトと同様、待ちきれずに撮影する滑稽な自分が奥に写っています)
とっても濃厚クリーミーな“ダチョウの卵のプリン”と“ダチョウの卵のカタラーナ”
皆さま 新道亭へいそげ



今宵は満月です
“月がとっても青いから~♪” ぜひ綺麗な月明かりに導かれて 新道亭へ・・・

とある日のお通しでした。

Category: 訪問記

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

訪問者カウンター

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR