FC2ブログ
2012/06/06 Wed
みなさま 新道亭は無事に1周年を迎えることができました。
心より感謝申し上げます。       5/31~6/2の3日間、
1周年記念感謝祭と題しまして、飲み物食べ物オール500円という
イベントを開催しましたが、とてもたくさんのお客様に来ていただけました。
“イベントっぽく”と、ポイントカードも作りましたが、意外や意外、
かなりの大好評で、みなさま楽しそうにポイントを集めてくださいました
一品お出しするごとにスタンプを押してゆくのですが、こんな感じで
ポイントゲット
10ポイントためると一品何でもプレゼント!だったのです
写真は 最近になり素の(面白い)姿も見せてくれるようになった吉田さん。

大の大人がまるで少年のようにポイントをためて喜んでくれました
ポイントゲッター
写真は 初めてのプレゼントゲット者、通称ポイントゲッターSUDA
3日間でなんと5枚ものカードを満タンにしました。愛を感じます。

そんなこんなの盛り上がりも含め、2日目の夜はなぜか
スタンディングバー?
みんなが立ち上がって人との交流を深めるというスタンディングバー状態に。
“結人”でありたいと思う自分、お店でたくさんの方が繋がっている様子に
感動。はじめまして、同士のお客さまが繋がっていきました。至極幸せでした。

6月2日に関しては、逗子の花火大会ということもあって、
1日でなんと96名さまご来店という快挙でした。
座席も ホールに特別茣蓙やらスタンディングやらテラスやら
衝撃のものを席にしちゃうやら・・・でお出迎えしましたが、
やーーーー想像以上にすごかったです。ありがとうございました。
写真を撮る余裕すらなかったです。


花畑
初日(5/31お店のお誕生日当日)の深夜1時半過ぎの様子です。
スタッフ4人は イベント中はこのような“インド服”でした´~`
涼しくっていんですよ´~` てっちゃんはもはやインド人´~`

たくさんの贈り物ありがとうございました。
鎌倉LA Passionの金谷さん、ハイセンスなお花有難うございました
お店もきっとセンス良くすてきなお店なんだと思います 行きます!
戸田さん、胡蝶蘭持っての登場にプロポーズかと思うくらい感激。
まっちかずえ、贈り物を持って 平日なのに すごく疲れているのに
来てくれて本当に泣きそうなくらい嬉しかったよ 支えられてます。
サットゥシあっきー、湊誕生おめでとう!!「金環日食だからキンカン☆」
いやいや植えるの大変でしたよ笑 がんばって実をつけてみせるわ!
アンリ、まだ出逢ってから浅いのに、なんだかずっと友達のようだよ
自ら花を作ってくれたんだね、メッセージも本当に嬉しかったよ
bla on the beach 周辺の呑兵衛たち、ワイルドストロベリー&
ピッピの成長は私に任せてください 最近たくさん会えて楽しいー♪
仲山さん、アダルトですてきな胡蝶蘭と美味しいワインにスタッフ感激
インドのときの整腸薬も含め、本当に家族のように思います。
優、まさかの花の贈り物にびっくりしたよ お店を明るくする色、
疲れた体をげんきにしちゃう色 の花が玄関を飾ってるよ ありがとう
アッキー、お手製のすてきな贈り物、まるで結婚式会場の様だよ
貸してくれている小さな花瓶たちでお店は今、花畑だよ 幸せいっぱい
大好きな元スタッフけいけい、まるでけいけいのように愛らしいピンクの
花たち、勤務先からの電話も本当に感激で、みんな大喜びだったよ^^
愛弟、やっぱり姉を解ってる。一厘の向日葵が笑顔を引き出してくれる。
ビールサーバーの 私の城に置いて、笑顔をもらってる。いつも有難う。
のぐりーママ、華やかな花たちが軒先を彩ってくれています。花火の日も
何も言わずに出勤してくれたのぐりーが 大好きです 助かっています。
のむちゃん、ただでさえお世話になっているのに 豪華なお花たちを
もうびっくりです。のむちゃんをハッピーにするためにも尽力します。

その他、たくさんのお祝いのお言葉、お花、メッセージ、ご来店、
お気持ちをいただきました。スタッフ一同、本当に感謝の気持ちで一杯。
本当にありがとうございました。



2年目もどうぞどうぞよろしくお願いいたします
スポンサーサイト



Category: 祭事
2012/06/09 Sat
大変お待たせいたしました
梵
たくさんの催促ありがとうございます。インド旅行記です。

5月の21(月)金環日食の朝に 一睡もせずに飛び立ちました
デリーに夜に着き、翌朝ハルドワールゆきの列車に乗り込みました
ザ・インド
さすがインド・・・
列車の駅では人が溢れかえり たくさんの人が寝そべっていました
窓から見える景色は 衝撃の連続でした
街並み
前夜に暗がりのなか廃墟だとばかり思っていたような建物たちは
廃墟ではなく、すべて人の生活がありました。ショックでした。
街並み

建物だけでなく、人にもびっくり、たくさんの数の脱糞者を目撃。
話は聞いていましたが、目を疑いましたが、事実でした。

人の行為だけでなく、数にも驚かされることばかりでした
人人人
「美味しい」「 行った方がいい」とお客様に伺っていた
“カリーム”に行く途中の デリーのひとつの路地。
45℃!!の暑さと 埃っぽい空気に加え、この人。。。
購入していた布に顔をくるみ 必死にかきわけて歩きました

人の多さでもうひとつ驚いたのは ヒンズー教の聖地、ハルドワール
ハルドワール
特にお祭りでもないのに 本当にたくさんの方が
聖なる河、ガンガーで沐浴なさっていました

ちなみに ハルドワールでは沐浴いたしませんでした。
信仰している方々には ガンガーの水は澄んで輝いているのでしょう




インドは衝撃の国でした。

貧と富が リアルに、非常に非情にリアルに、目の前にありました。
赤子
私には何ができるのだろうか と自分に問うのですが 答えは見つかってません
少女

ただただ彼らの笑顔はすごく美しく 本当に可愛く 強さを感じさせました。
少年
インドの人々にたくさんのものを頂きました。ダンニャワード



ちなみに、そんな衝撃を受けに行ったわけではなく、
最終目的地 長期滞在地はこちら
リシュケシュ
リシュケシュ。
沐浴風景
ガンガー上流です。
ビートルズも行ったyogaの聖地です。
yo
ga
そうなんです、“修行”というのは、インドに行きたかったのは私で、
yoga三昧でしたのです  朝陽を浴びながら 夕陽を眺めながら
頭立ち
ありがとうございました。



ですが、店主にとっても“修行”でした。
リシュケシュとハルドワールは アルコールが禁止の場所で、、、苦行でしたね
けど 意外とインド、好きなのかもしれないです。
これがうちの店主。



インド旅行記、食べ物編、もちろん続きます
うちの店主はただでは帰ってきません。インド料理、やっています
ご期待くださいませ^^
Category: 訪問記
2012/06/12 Tue
10日(日)はお休みいただきありがとうございました
実は秋田に行ってきたのです   
インドのほとぼりさめぬまま 気づいたら秋田・・・
秋田には 食を酒を 追求しに行って参りました
秋田旅行記もつまっていますが まずはインドの食を・・・



行く先々で インドだろうが、やはり店主は現地の市場や八百屋を見て回ります
やおや
「感想を」「雑だなあ」

インドの定食 “ターリー”
食
yogaの聖地 リシュケシュの大衆食堂にて。うしろは聖なる河ガンガー。

リシュケシュをガンガー上流に向かってさらに車で山の奥地へ
アーユルヴェーダの食事にこだわる(yogaホールもある)ホテルのお食事は
食
お昼と夜が基本こんな感じでした
“ダール”レンズマメのスープは 日本人にとっての味噌汁のように
毎食出てきました  ちょっとずつ味は違うと思うのですが、
“マサーラ”というミックススパイスを使うので、どれも味は カレー。  
隣は、ザ・カレー 暑さを乗り切るためにか どれも辛いです

自然にやさしく環境を考えてのホテルで、自分たちで野菜を
育てているので、生野菜もおいしくガシガシいただきました

朝ご飯はほっと一息
食
チャーイやお手製のレモングラスティーはとても染みました
マンゴーやパイン?フルーツも甘くて美味しかったです
各所でよく出た“ナン”よりも個人的には“チャパティ”が好きです

こちらはヒンズー教の聖地 ハルドワールの大衆食堂にて
食
右奥から“プラーオ” インド風の炊き込みご飯(ピラフのようです)
真ん中“ドーサ” 米粉、豆の粉を発酵させて、クレープ状に焼いたもの。
オニオンドーサは 火が通った玉ネギが上にのっていました
手前が“トマトのファルス マサラ” チーズの詰められたトマト のカレー

うちの店主は各地で美味いお店をみつけるのが上手です
「ここのシェフは塩味が強いけど おいしい」とてもおいしかったです

うちの店主は研究熱心です
メモ
最終夜のハルドワールのホテルにて、インドで食したものをすべて
メモしておりました    髭もだいぶ伸び、現地度高くなりました。

真ん中あたりに見えるは“レモンとコリアンダーのスープ”
パクチーは得意ではないのですが、とってもおいしかったです
スパイスに疲れたからだに優しく染みわたりました
左の筒状の食べ物は“野菜のケバブ”お肉に見えてお肉じゃありません。
ジャガイモがベースでインゲンとかその他野菜が入っています

リシュケシュとハルドワールは 聖なる地として アルコールも肉類も
一切なかったです。私は肉類はまったく苦ではなかったですが、
アルコールに関しては お酒大好きな店主は「苦行」以外の何物でも・・・

けど、飲みはしました
牢獄のような・・・
こんな牢獄のような檻のような・・・これが酒屋さんなんです
“ラヤワラ”というリシュケシュとハルドワールにの間にある町にて
ビールを購入。残念ながらインドのキングフィッシャーはなく、
バドワイザーでしたが 大量に買い込みました
が、さらに店主の頭を悩ます難題。 いかにビールを冷やすか・・・

店主は勝ったようです
WINNER
ビールを紐で結び 重ね、トイレットペーパーで固定し、
エアコンでどうにかこうにか冷やしていました  各所で
様々な手を使いがんばって冷やそうとする様子に大爆笑でした



やっぱり食って面白いですね その土地や文化で全然違う。
帰りの飛行機は香港で待ち時間があったので、香港料理を食しました
香港
「「ほっとする・・・」」
やはり日本に近づいた方が安心しました 
香港にも近いうち行きたいなあ



いちばんのインパクトは・・・
ラーーーーン
“タンドリーラーン”
インド楽器 シタール奏者のお客さまに伺っていた、
デリーのカリームという大人気のお店にて。
ヤギのお肉です。一口もお肉を口にしていなかった店主、
むしゃむしゃと食していました。(大きすぎて完食はできず)



“ダール”“レモンとコリアンダーのスープ”“プラーオ”は
『インドの想ひで』として、すでにメニューになり大好評
インドはもうコリゴリ という感じでしたが、やっぱり意外と
これがうちの店主。
インド、好き?´~`
Category: 訪問記
2012/06/15 Fri
魚好きの皆さま、今日は来ないと損です
魚来襲!!!
函館と葉山そうじ船長と小坪たいちさんの 魚の来襲がありました
ちなみに フグとカワハギがすごい量です

最近では 益子作家衣川さんに新しくオーダーした器に盛ることも・・・
清涼

お待ちしております。


新作も続々と登場しております  今日からの新作はこちら
トリプル手作り
“自家製ベーコンで巻いたロールキャベツ”
この後いろいろ手を加えられ トマトソースで煮込まれます
昨晩深夜の仕込みの様子を見ていたのむちゃんはメニュー名をずっと考えておりました
「自家製キャベツの自家製ロールキャベツ~自家製ベーコン巻~・・・う~~~ん」
自家製当たり前の店主なので、のむちゃんはどこに“自家製”を付けるか思考していました   


夏に向け、自家製ソーセージが大っっきくなりました
ジャンボソーセージ
「夏はビール!ビールにはソーセージ!」だそうです
すごくすごく大きくなったのに、値段は変わらずだそうです
衝撃です

衝撃のカレーが店内を騒がせております  何のお肉でしょう?
ワニワニカレー
ワニ。
ダチョウは当たり前のように存在するようになってきましたが、
さらにワニにまで・・・


まだまだ語りつくせないほどたらふくありますが今日はこのへんで・・・




食べること飲むことが大好きなそこの貴女、
楽しいことが大好きなそこの貴女、
↓↓↓必見!!!

★★★★★★★★★
スタッフ募集!!

女性ホールスタッフ
10~14時  17~21時
曜日、時間  応相談
時給850円以上

美味しいまかない
交通費支給
料理も習得できちゃいます
週3からOK!

元気で明るい方お待ちしてます^^
046-871-2012
★★★★★★★★★

Category: 徒然
2012/06/19 Tue
インドのほとぼり覚めぬまま、先週のお休みに 秋田に行って参りました。

こんなものを携えて・・・
凶器
「?!?!?!?!?!」 ← 街の人の反応。
何だと思いますか?
・・・生ハムです。しかもイノシシの。しかも 店主の自作の。

うちのお店に置いてある“秋田の生ハム”の作り手 金子さんに、
自作の生ハムの処女作(イノシシだけど)の助言をいただきに行ったのです。ですが
きっかけは、金子さんの企画『秋田内陸縦貫鉄道の旅~秋田グルメツアー~』への参加。
秋田の内陸部、新緑の山間部を貸切ローカル列車で走りながら 秋田の美味酒食を・・・
走る居酒屋
“走る居酒屋”ですね
絶景
絶景
絶景
店主は顔がずっとほころびっぱなしでした
「インドよりいいなあ」だって・・・ まあ、たしかに。笑

お師匠様に評価をいただきました
お師匠様に・・・
「美味しい」「上手にできてる」「これは売れるくらいだ」だそうです。
なんとなんと他のお客さまにもご試食いただきました 
そしてそしてなんとマイクまで・・・
お得意の・・・
「恐縮です」とか言いながらも、実は得意なマイクパフォーマンス、
注目と笑いをちゃっかりいただき、いろいろ喋っておりました

なんともなんとも 楽しい企画でした
新道亭でも 列車を借りきってやろう!と話しています
実現する際は ぜひ皆さま奮ってご参加くださいませ



宿泊は、秋田角館に祖父母の家があるという戸田さんのご厚意に甘え、
戸田さんのおじいちゃんおばあちゃんにお世話になりました
素晴らしいところでした
美・角館
美・角館
呼吸が深まりました

翌朝は店主のお願いを聞き入れていただき、戸田さんとおじさまも一緒に
山に“みず”(山菜)を採りに行きました
いざ
素晴らしいところでした

みずは その名の通り、みずがたくさんある場所に生えています
ちょっと場所が離れると味が違うといいます 水の味です
みず
秋田の水は本当に綺麗だと思いました
渓流

おじさんが確かな勘を駆使し、大量に採ることに成功しました
みずを洗います
戸田じいと 出口ばあ(店主)が 小川でみずの泥を落としているところです
いろいろ本当にお世話になりました ありがとうございます
次回の秋田もよろしくです♡´~`




最近じっさまばかりが載っていたので、若者たちも・・・
彼らは私たちがインドに行っている間、西表島に行っていました
イケメンのカツと
katsu
珍獣です。
tetsu

これからも新道亭をどうぞよろしくお願いいたします
Category: 訪問記
2012/06/21 Thu
5代目作、自家畑のにんにくが大人気です
にんにく味噌焼き
“自家畑にんにくの味噌焼き”
美味しさのあまり身震いする方 続出中
店主の腕にかかれば 皆さまの気になる匂いは・・・
「匂いは消えるけど スタミナは残る」ということです

こちらヤングなコーンも大人気
ヤングなコーン
“皮つきヤングコーンの真っ黒焼き”
甘さとフレッシュな優しい香りが食欲をそそります
小笠原の天然塩でどうぞ

秋田の稀少酒、続々と開きました
秋田きき酒
たまたま 秋田の酒が大好きという方が来店、利き酒セット、やりました
ご希望の方はおっしゃってください  どれも「んまい・・・」

ソガワイナリー 曽我さんの作る日本酒も入りました
fc2blog_20120621223623dfd.jpg
香りを味わえるようにワイングラスで・・・



月も見えないこんな夜は どんなときでも明るい新道亭で
しっぽりと一杯・・・   今日も 料理もお酒も人も絶品です。
Category: 徒然

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

訪問者カウンター

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR