FC2ブログ
2013/07/10 Wed
先週の金曜土曜日曜は、ノンストップの凄まじい忙しさでした 有難うございます。
帰りも遅くなりましたが、寝ずに、月曜火曜と 旅に出ました

八丈島。一泊二日の 例の如く、弾丸旅。

空は青く近く、

山は緑で高かったです


店主も私もド初心者ですが、

釣りもしました。

海の水は ものすごく透明で、

天然の水族館でした。

初日は ムロアジ1匹と小サバが10匹くらい

量が少なかったので、現地の方に託しました。
懲りずに2日目は場所を変えて、リベンジ。 優しい地元の方々に教わって、
なんとかムロアジと小カンパチ等をゲット。 アイスボックスで持ち帰りました

今日はご予約が少ないので、来ていただいた方には ムロアジをサービスいたします!
僕らの釣ったムロアジ´~` 小さいけど、旅費も入れたら1匹5000円くらいの値打ちあり笑
本日ぜひお待ちしております♪


明日葉うどんを食べて、海を見ながら昼寝して、そして夜は・・・

八丈島の名店へ行って参りました。  やーーーーよかったです

ご紹介いただいたお店へ バッチリ梯子酒をしに行き、
酔っぱらいながら 満天の星空に感激し、眠りにつきました


2日目の昨日は、海水浴や海・山ドライブをしたい私の気持ちとは裏腹に、
焼酎蔵の見学と くさや工場の見学。 でも 両方初めてで面白かったです
また新しく、酒と食材について知ることができました。後日載せますね´~`



やーーーーーーー 惚れました。八丈島。


ぜひともお話聞いてくださいませ 
今日来てくださった方には、 遠火の強火、遠赤外線で 真っ赤に焼かれた店主から
美しい海で泳いでいた ムロアジのサービスを受けられます♪
たくさんの方のお越しをお待ちしております´~`
Category: 訪問記
2013/06/12 Wed
雨だああーーーーーーーーー
ようやく梅雨らしく雨が降るようになってきましたね 飲食店だとどうしても
雨だとお客さまの足が遠のくので、お店としてはウ~ン・・・なんですが、
私は嬉しいです 嬉しい理由は、小豆島にも雨が降っただろうと思ったから。


5月20日から1週間に渡る旅、最終的にたどりついたのは、思いつきで小豆島。
「小豆島のオリーブ畑に行きたい」いつでもどこでも食材を想う店主、一生懸命調べて、
国内で初めて有機JASに認定された山田さんの元を訪れました


夏のような晴天のなか、いろいろ案内して お話をしてくださいました


ちょうどこの頃は オリーブの花がつぼみの時期

小さくって可愛いつぼみたちが たくさん木になっていました

この後6月頭に花が満開になったようです
オリーブは水に弱いらしいのですが、この、時期に雨が降ってくれないと、
結実せずに、花が枯れてしまうそうで・・・。山田さんのブログを拝見していると、
毎日雨乞い。私までもついつい雨乞いをしていました。 そしてようやく逗子では降った!   
が、小豆島には 降ってないみたいです  

これから やれるだけのことをやる、と これから毎日水遣りだそうです
小豆島に雨が降ることを祈りながら、離れたところで応援したいと思います


山田さんのオリーブ園は無農薬なので、虫が集まります
虫を退治してくれる頼もしい奴がコイツ

アマガエル君
オリーブの木1本に1匹はいるようです
敬遠しがちなカエル君を少し好きになりました


木を育てるだけでなく、オリーブのシブを取るためにも試行錯誤を重ねている様子。
オリーブって、すごーーーく渋いのですが、そのシブをとるために、今現状 大半は
なんと、苛性ソーダが使用されているそうです    免許がないと購入できない劇薬です
その劇薬を使わずに シブを取れないかと、山田さんは常に研究をしています

これはそのうちの1つ
お酒に漬けたら、シブは取れても、オリーブの味や旨みまでお酒に出てしまうそうです
これはこれで、まるで養命酒のようで店主は気に入ったようです。
うちの店主も、なんとかうまい方法でオリーブのシブを取れないか、
料理人の視点で これから探ってゆくそうです 要注目ですね


オリーブの実、オリーブオイル、以外にも注目は

オリーブの葉

山田さんの農園の葉っぱは無農薬なので、安心安全おいしいリーフティが飲めます

ご自宅のテラスにお邪魔して、オリーブティを頂きました
とても自然な味で 優しく柔らかく、健康にもよいので、購入。
寝る前にほっと一息頂いてます


長年続いてきた 小豆島でのオリーブ畑、 それを無農薬で、ということで
日々葛藤 戦い闘いが多いようですが、ぜひともこれからもがんばっていただきたいです
おいしいオリーブを楽しみに待っています^^ 

山田さんどうもありがとうございました

山田オリーブ園のHPぜひとも皆さまご覧ください→山田オリーブ園
恵みの雨が小豆島に降りますように・・・



新道亭でも恵みの笑顔がたくさん降るよう、
今日もたくさんの方のお越しをお待ちしております^^
Category: 訪問記
2013/05/27 Mon
昨日の投稿ではフェリーの写真を載せましたが、どこへ行ったか分かりました?
おりいぶ丸、オリーブの島、そうです、小さな豆の島、小豆島上陸しました
行き当たりばったり初めての島で、何があるんだかも分からずに行きましたが、
すてきなものにたくさん出逢いました
まずは大興奮、

エンジェルロード。
潮がひいたときに現れる 天使の道。
お天気もよく、虹まで歓迎してくれて、

しっかりルンルン渡ってきました
ハートの貝?も見つけて、

ひとりできゃっきゃはしゃぎました
店主もはしゃいでました

フグを見つけて。
多分気持ちよくお昼寝してたら、潮がひいて水あげされちゃったのかな
海に返してあげましたが、元気になれてるといいけど…
エンジェルロードは 上から見ると、こんな感じです。

とてもすてきなところでした。皆さまもどうぞ ´ ~ `

今日は曇りですが、昨日は快晴。どうやら今日から梅雨入り?
なんて運がいいんだろう どこまでもツイてるなあ・・・と思えることが夜にも!

ホタル!! ん?今日から?!!! 行くーーー!
一応 都会育ちの私、ホタルは沖縄に住んでいたときに一度だけ大量に見たことがあっただけ、
今回は ザ・ホタル。というような、情緒のある水辺 林のなかで、チラチラと幾つもの光と出逢えました
大感激。小さくて優しい光を見つける度に、自分の中にも灯るようで温かい気持ちになれました。感謝
その後も 息を飲むような大感激

土星の輪っか? 月のクレーター? 見るーーー!
白く光る土星の輪っかを見れました。凄く不思議な気持ちと、なんだかかんだか感動と、味わいました。感謝


小豆島「いいところだなあ」のセリフがたくさん生まれました
海と山と空、車じゃない私たちはかなり運動になりましたが、とってもいいところでした
そうそう、いちばんの収穫 いちばんの目的は、、

オリーブ畑見学。
食材探究に関しては 余念のないうちの店主。小豆島でオリーブ畑見学をする、とかなり調べて、
国内で初めて、有機JASに認定された、山田さんの元を訪れました。
かなりの長いお時間を割いてくださり、たくさんのお話を伺いました。
数々の戦いと 日々の試行錯誤と オリーブ(オリーブオイル)事情を伺いました。
日本人には(私には)あまりなじみのなかったオリーブと少し深くなれました とても面白かったです
健康にもいいオリーブですが、育て方や搾りや加工で 全然異なるものになるんですね
店主は今「うまいシブのとり方はないものだろうか…うーん研究したい」とフェリー上で。
秋になってオリーブができたら山田さんの生オリーブを仕入れします。皆さまお楽しみに ´ ~ `
山田さんのオリーブ園については、また投稿しますね
山田さん、基調なお時間とお話 どうもありがとうございました^^



たった1週間の旅でしたが、
静岡は沼津の、地ビールのベアードビールさん
京都は宮津の、お酢の飯尾醸造さん
香川は小豆島の、オリーブの山田オリーブ園さん
備忘録に追加せねば のネタが、こんなに書いてもまだまだ・・・

しかも あす夜から営業ですが、今は姫路に向かっているフェリーの上。なぜか姫路。
旅はまだ続いております そろそろ海に集中しようと思う夏波レポートでした´ ~ `
Category: 訪問記
2013/05/26 Sun
伊根の翌朝は早朝に出て、山陰を7時間40分かけて、西進

北近畿丹後鉄道はやはりなかなか味がある

西はどこも、田植えが終わり、少し緑の絨毯になってきている季節でした

日本海の絶景を右に見て、、

ようやく到着!

島根は出雲。着いてもまずは、


そして、出雲大社はおいといて、、

出雲にある 十旭日の酒蔵さんへ
とてもお忙しいなかお邪魔してしまいましたが、
うちのグランドメニューでも可愛い笑顔で大人気のエリさんに たくさんの試飲と、
手作業でのコツを多々教えてもらっちゃいました ´ ~ `

メニューやらチラシやら、何から何まで手作業の自分を見ているようで、
とても共感するところが多く、嬉しかったです ´ ~ `
夜は ずっと気になっていた旦那さまもお時間を割いてくださり、

一緒に飲めました お二人とも笑顔がスペシャルキュートで、
試行錯誤を重ね、小さい規模でフル稼働で働き お酒を醸していました
ご夫婦の秘話もたくさん聞けて面白かったです ´ ~ `
これからもおいしいお酒 楽しみにしています
仲よしでおいしいお酒、楽しみにしています笑 あ、猫ちゃんラベル、肉球ラベルも・・・ ´ ~ `
お忙しいなか、本当にどうもありがとうございました


翌朝は やはり


出雲大社へ。
どうやら、大遷宮のすごいタイミングだったようですね

太く強く結ばれる、たくさんのご縁に

感謝してきました。
屋台で宍道湖七珍のシジミラーメンと、地ビールべあへるんを頂き

ほろ酔い。 ご紹介いただいた、燻製ハウスにも伺い、店主はまたしても学びました。


ここまでで、なんとなくの、旅の行きたかったところをこなし、
昨日のお昼すぎは「さて、この後どうしよう・・・」
博多で屋台?宍道湖で七珍?京都で散歩?トロッコ列車?


最終的に選んだのは、、
山陽へ。
山陰はあまりにもスロー移動なので、一気に中国山地を乗り越え、岡山は倉敷。
店主が選んだ“今宵の店”の嗅覚のお陰で、、、

なんとも情緒豊かなところにたどり着きました。

しかも満月。
自分たちは本当に行くところ行くところ、天候も空の具合も、
さいこうに恵まれています。本当にありがたいです。
たまたま降りたった倉敷でしたが、オススメです!また行こうと思います ´ ~ `


そんな翌朝の今、私たちは・・・

行ってきまーーーす
ワクワクどきどき 行き当たりばったりの初めての地へ!


乞うご期待 ´ ~ `

フェリーも楽しーーーい わあいわあい♪
Category: 訪問記
2013/05/24 Fri
ただ今、北丹後から7時間40分をかけ山陰を移動中、
景色を楽しみながらふたつまとめて投稿、
ふたつめは、大本命、

伊根の舟屋!
前回は秋だったかな、伺いました。今回は 春。
大好きな 京の春を、京で春に、醸している方と一緒に飲めました ´ ~ `
お昼は、

釣りを。

小さなお魚たくさん釣れました 伊根湾、海の水がとても透明で、狙いうちでした

けれど私が狙いうちしたいのは、魚でなく、長太郎ーーーーー♡

向井酒造 長慶寺さんの長男の長太郎
私はこの彼に会いに来たようなものです
一週間前に、次男の和太一くんも生まれて(おめでとうございます^^)、
次伺うときはもっと可愛い子が増え、賑やかになってるだろうな と楽しみが増えちゃいました
パパの長慶寺健太郎さんは、私たちのために朝潜って、クロダイを突いてきてくれていました

これは頂いたという、立派なオコゼ。
これをアクアパッツァに・・・

誰がしたかって、

本当に、どこに行っても同じことしてますね・・・
ある材料だけで、学んだお酢も使って、正直、めちゃくちゃ美味しかったです

こんな素晴らしい景色を見ながら、

なんて豪華な晩餐

なんて愉快な出逢い

伊根でなぜか台湾のお茶を本格的に扱っている かなりの変わり者の笑 吾道さんと、
お酒作ったことないのに2ヶ月間向井酒造さんにお手伝いに来ていた同い年のユウタ君と、
自動車工場で働く けど蕎麦打ちの優しい倉さん

楽しく陽気に、夜が更けるまで(店主は夜明けまで) 飲み語らいました
人と人が結ばれるのは、本当に素晴らしいことですね。そしてありがたいです。

健太郎さん、その他お世話になった皆さん、またお会いしましょう^^
また伺います^^ どうもありがとうございました


そして 西へ西へ、旅は続くのであった
Category: 訪問記
2013/05/23 Thu
おとといは、京都松尾大社にご挨拶の後、大阪へ

自家製納豆を出す、かむなびさんへ
発酵物たくさんありました 店主いろいろ教わりました
伊戸川さんありがとうございました

その翌日 昨日は大阪から北丹後へ
前回行った天橋立はすっ飛ばし、

どこへ行ったかって、

飯尾醸造さんへ。今回は 初のお酢醸造見学
ここは凄かったです!お酢すごく原価も労力も時間もかけて大切に醸しています
お米を無農薬で作って、お酒仕込んで、お酢作ってるんですよ!?凄すぎる…
試飲もたくさんさせていただきました

調味料にもこだわり始めた店主、熱心にいろいろ教わり、メモメモ。。

お忙しいなか案内等してくださり、飯尾さんどうもありがとうございました
飯尾醸造さんのことはまた後日書きますね
Category: 訪問記
2013/05/22 Wed
昨日は皮むき後、ぶらり寄り道多々した後、

奥琵琶湖、余呉へ

徳山鮓さんへ
夜が更けたら・・・

旅の第一本命


ご主人と発酵話に花が咲き、ついつい、、

毎日酔っぱらい ´ ~ `
発酵のお師匠さまとお話できて、店主ご満悦でした
翌朝も豪華、

その後、明るい奥さまに余呉湖ぐるっと回って駅まで送っていただきました
「お互い離れたところでがんばりましょう」「また違う季節にお会いしましょう」
ちょっと感激・・・ ありがとうございました また伺います^^

その後 今日は、

お酒の神様にお参りしてきました

松尾大社


いつもお世話になってます
私たちの肝臓守ってくれてありがとうございます
たくさんのおいしいお酒ありがとうございます
お客さんや酒蔵さんや その他たくさんのすてきな酒縁ありがとうございます

いちばんお世話になってる神様に直接お礼が伝えられてよかったです ´ ~ `

今日はこれから大阪へ向かいます!
今日は飲み過ぎには注意しようと決めている夏波レポートでした
Category: 訪問記
2013/05/21 Tue
大注目の私たちの旅、昨日は結局、沼津どまりでした
地ビールのタップルームへ

沼津ベアードビール

さらっと飲んで、浜松あたりまで行こうかな なんて考えもしましたが、
さらっと で終わるわけがないですね。おいしいし種類も多いし、
仕込みを終えたブルワーさんたちが自分たちの席の横にいらっしゃったんだもの

お話が面白く、ついつい長いこと居ちゃいました

飲み過ぎちゃってしんどかったのに今日は朝から、、、

なぜ?!
ベアードビール、夏みかんエールの仕込みということで、
夏みかんの皮むきをお手伝いさせていただきました
もちろん私も・・・(お休みでもいつもと変わらないヨ!)
腕がシビれて手が真っ黄色になりました
いつもやっている店主は、さすがスピードは凄かったです
皆さま、ベアードビール夏みかんエール、
たくさん買うと思いますので、このブログを見た方は・・・飲むことっ!
私たちのエキスも入ってますよ ´ ~ `

皆さんとてもよくしてくださいました
若いのに二児のパパ、シンヤくんが深いところまで案内してくれました
その模様は帰ってからまた投稿しますね
最後にひとつだけ。

ホップ投入させてもらっちゃいました!
店主の好きなセッションエール。よかったね ´ ~ `

ベアードビールの皆さま、忙しいなかお相手してくださり、本当にありがとうございました
すっごい楽しかったです^^また必ず、お会いしましょう一緒に飲みましょう^^



ちなみに今は、、名古屋を通過し、岐阜羽島、
琵琶湖を目指しております。今日のお宿は決まっています
徳山鮓という、鮒鮨の宿。
「今回のテーマは“発酵”だ」らしいです。

まずは発酵食品のビールをしこたま飲んでまた西へ移動中の夏波レポートでした
Category: 訪問記
2013/05/20 Mon
昨日おとといは 逗子コミュニティパークという、年に2回ある 逗子のイベントでした
新道亭からすぐの亀ヶ岡神社の境内にて。

新緑の境内はとっても気持ちいい。
新道亭も、毎回出店しています。週末の土日にお店の通常営業もやりながらの出店は
かなりクタクタですが、とても楽しかったです。
普段お店に来てくれる常連さん達やタマニさん、よく子連れで来てくれているファミリーたちや、、
たった2日で大好きな顔にいーっぱい会えて嬉しかったです^^ありがとうございました


そんな翌朝、疲れた体や部屋を綺麗に整えてから、いざ出発!!

日本地図を片手に・・・
年に一度、唯一お店を一週間お休みする連休がスタートしました!
去年はインドへ、今年は 無計画だらけの、国内、“食”の旅。

ちなみに今日これからも決まってません
ちなみに今は熱海です まだもう少し西へゆきます
果たしてどうなることやら・・・ ´ ~ `
バイブルは、


たくさんのお店や大好きな酒蔵さんや、、たくさんの出逢いを味わいながら、
ひとつふたつ、料理人として店主として、人間として成長してきます

次は28日夜から通常営業です
帰ってきたらすぐ、31日からは3日間2周年ありがとうパーティー!
どうぞよろしくお願いいたします

それでは、、いってきまーす
Category: 訪問記
2013/05/02 Thu
一昨日は 秋田中央市場に行った後は、天気予報は外れて いいお天気に恵まれました
どこへ行っても天気に恵まれて幸せ者です なので思い立って、なまはげで有名な
男鹿半島にぶらり足を伸ばしました せっかく男鹿に来ても、行ったのはなまはげではなく、

しょっつる(魚醤)の諸井醸造さん
前にしこいわしでアンチョビをつくった店主、アンチョビ×魚醤をつくりたいらしいです
しょっつる界で偉大なる社長さんに直々作り方を教えていただき、メモをとっていました
せっかくなんで、もちろんゲットもしてきました。十年物は、すごい。。

しょっつる料理や、うちの店主自家製の魚醤にも今後ご注目ください´~`

その後行ったのはもちろん、なまはげでなく・・・

海鮮市場。  日本各地、世界各地、どこへ行っても市場は外せないようです笑

唯一の観光と言ったら、

男鹿ハタハタ丼と、しょっつる焼きそば
あとは 私が行きたかった、日本海。

ふたつとも一瞬でしたが、満喫できました。
おてんとさま、雲たち、ありがとう^^

そしてそして夜は・・・

旅の目的である、『酒盃』さんへ
いつも凄まじいペースで飛ばして最後に撃沈する店主、今回のテーマは“ペース配分”
今回は おのれに勝ったようです 最後まで尊敬敬愛する酒盃マスター沖口さんと飲めました
ですが記念に撮らせていただいた写真は・・・

負けっ!!!笑 
沖口さんはとってもかっこいいのに、うちの店主はできあがっています
お店をやるうえで、人生を歩むうえで、本当に貴重なお話を2日間たくさん頂きました
二日に渡って夜を長くしてしまい、すみませんでした。糧にします。
沖口さんどうもありがとうございました     またスグ、行きますっ 



そんなこんなで 昨日早朝に秋田出発、そのランチからまた新しい1週間が始まっております
世間はGWのようですね 連休中は皆さまお出かけなのか、そこまでご予約で埋まってはないので、
普段なかなか来れない方、ご家族でお食事したい方、もちろんいつもの方々、、
たくさんの方のお越しをお待ちしております^^

秋田&函館からの直送の鮮魚たち、地元三崎の鮮魚たちが大量です
ぜひぜひ召し上がりにいらしてください 魚パニック☆ですのでお願いします

Category: 訪問記
2013/04/30 Tue
昨日は“日本一の居酒屋”のマスターと一緒に飲ませていただきました!
マスターの一番弟子の方のすてきなお店でしこたま飲みました
じゃっかんの二日酔いのなか、今は、

秋田市民市場にて、仕入れです
あすは早朝に秋田を出て、ランチからもちろん働きます
あすに届ける魚と山菜を山ほど仕入れています

山菜にまじって 可愛い子も隠し撮り 。秋田美男子 ´ ~ `
シドケ、ホンナ、カタクリ、たらの芽、ミズ、サシボ・・・
海の幸も山の幸もたっぷり。皆さま、あすからもお楽しみに^^

今宵は “日本一の居酒屋”の酒盃さんで酔いしれます
さらにパワーアップして帰りますねっ^^
Category: 訪問記
2013/04/17 Wed
長野は松本にゆき、もちろんお花見だけでは終わりません
きょうこりんにスペシャルナビゲートいただき、地元名物やバーを満喫、
翌日はちょっとアシをのばして、

上田からほど近い、東御市のOH!LA!HO!ビールの工場見学´~`
酒蔵さんやワイナリーさんは多々伺わせていただいておりましたが、ビールは初めてでした

なんともまた運のいいことに、ちょうど製造中でした

工場の中も外も、麦の香りでいっぱいでした
麦芽にホップが加えられ、煮沸中の麦汁を飲ませていただきました


・・・あったかいビール・・・
麦の甘味とホップの苦みとが両方感じられました
なるほどこれが大好きなビールに変わってゆくのだと ちょっと感動
そして、店主の大好きな、発酵へ

オラホビールの方々は サッカーと音楽とビールを愛する遊び心のある方々でした
イースト君!がんばって!

そして その後の過程を経て、私たちの元においしいビールが届くのですね

併用のレストランで、素晴らしい景色をのぞみながら できたてのビールをいただきました
お忙しい中、詳しい説明とサービスとお見送りまで、戸塚さんどうもありがとうございました
これからもオラホビールを入れてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします^^

ちなみに「これからは、缶です!!」


喉越しだけのビールから、味わうビールへ、、、
新道亭では お食事といっしょでもバッチリな地ビール各種多数入れております
オラホビールも何種類かこれから入れてゆきます 皆さまご賞味くださいませ

今日もたくさんの方のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/04/15 Mon
めざせ平日1日1更新
定休日の今日も一言でも・・・

私たちは今、長野は松本にいます。

日頃の行いの成果でしょうか

満開

諦めていたお花見が、お客さまのお陰さまで・・・


きょうこりん、きょうこりんママ&ばあちゃん
ありがとう!せいさんも!ありがたや…

大好きな皆みなさまにもおすそ分け~




ほっこり一息つけるとうれしいです ´ ~ `
今週1週間も楽しくお過ごしくださいね
水曜以降、また今週も、久しぶりに今週は、、初めて今週は、、、
新道亭でお待ちしております ´ ~ `
Category: 訪問記
2013/04/09 Tue
先週の月曜定休日は 八ヶ岳に行って参りました

カナディアンファーム。
またぎのお客さまのご紹介で、自家製の生ハム(豚の足)を干させていただけるとのことで。
車を持っていない(運転もままならない)私たちを乗せて連れて行ってくださいました
自然が多く、なんともステキなところ。ハセヤンさんの手作りです

“自給自足”をファッションでなく、本当にやっているところだと思います

各所に、脚が

脚が、、

脚が、、、


干させていただいたのは トムソーヤの冒険のような ツリーハウス

なぜか店主、腰が引けてます笑

店主だと心配、またぎの方がつるしてくださいました

札に『新道亭』と記して、約1年ほど 八ヶ岳の風に吹かれます
おいしくなりますように・・・お楽しみに´~`

カナディアンファーム、素晴らしいところでした
機会のある方、ぜひ行かれてみてください´~`

お忙しい中ご紹介と長時間の運転と、本当にお世話になりました
Kさん(有名人かもしれないので了承を得てないので、御名前ふせます)
どうもありがとうございました いつもありがとうございます
“もったいない ほっとけない”精神の 優しい親分肌ハセヤンさん、
たくさんのお話と気づきと、ありがとうございました よろしくお願いします

一年待ってのお楽しみ・・・わくわくですね
新道亭ではもう少しで、一か月まってのお楽しみが解禁されそうです

そう、あの晩 深夜3時半までかかった イワシ・・・“自家製アンチョビ”です
ちょくちょく味をみていた店主、どうやらおいしくなってきているようですよ´~`
今日?あす?今週中?解禁をお楽しみに´~`

今日すぐにお召し上がりいただける、最近の大好評メニューは

“牛ハラミステーキ~りんごのステーキソース~”
「最高の火入れだ」と毎回 完ぺきな火入れをして お客さまにおいしく提供しております
ぜひお召し上がりくださいませ^^


本日もたくさんの方のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/04/02 Tue
函館では 素晴らしい人の繋がりで 名店で酔いしれることができました
前回の投稿で載せた チーズを入れさせていただいている 山田農場さんに
ご紹介していただいて、伺ったのは『エノテカ・ラ・リコルマ』さん
私たちの休日には珍しく、イタリアン、しかもコース。 呑兵衛なので、
コースは普段食べないのですが、コースのみだったのでお願いしました

感動しました。
ワインは リコルマの吉村さんご夫婦も仲良しという農楽蔵(ノラクラ)のワイン。
飲みたかったワインたちが目の前に並び、大興奮。白と赤とさらっと頂きました
全てのお料理、お店の雰囲気、サービスとお二人の魅力と・・・すべてに感激。
また行きます。皆さまもぜひ行かれてください´~`

そのリコルマさんにご紹介いただいたのは 柏木町にある『梅乃寿司』さん

こちらも感動感激。
昼からお燗を入れた私たちに「にぎりますか?つまみますか?」・・・つまみから。
大将の罠にまんまとハマり、飲み過ぎちゃいました カウンターの魔術師でした
新鮮な魚介のつまみもにぎりもタイミングもサービスも、またまたすべてに感激。
どうもありがとうございました また罠にかかりにゆきます´~`

その梅乃寿司さんにご紹介いただいたのは 『カフェ ペシェ・ミニョン』さん

普段カッフェやスイーツには目が向かない私たちですが、
職人にご紹介いただいたのだから、と伺い、コーヒーとケーキをいただきました
「ウマッッッッッッ」コーヒーも紅茶もまず、美味い。ケーキも優しい甘みでサイコウ。
「スイーツもいいなあ」呑兵衛なのにスイーツも美味しい店主、また刺激を受けた模様、
今後の新道亭スイーツにも大注目です´~`

お食事お酒お店を180%堪能したいので 写真はいつも撮らない撮れないんで、
画像がなくごめんなさい ぜひご自身で行かれて満喫していただきたいです^^
それにしても、
毎日幸せに本気で打ち込んでいる素晴らしい人って その繋がりもまた素晴らしいですね
お陰さまで、短い滞在時間に 素晴らしい名店ばかりに行けて本当に感謝感激でした
函館に行かれた際には ぜひ行っていただきたいです^^
函館の皆さまありがとうございました^^     


函館の翌週の昨日のお休みは、八ヶ岳に日帰りで行って参りました
自家製の生ハムを干してきたのです またぎのお客さまのご紹介です
本当に人に恵まれています 有難いです。
投稿は またもや画像たらふくで長くなりそうなので次回にします

今回は、常に何かしら動いていないと気が済まない店主の様子を・・・

お昼休憩の様子です にこやかに何を嬉しそうに撮っているのかというと、、

アルピルスバッハー  ドイツから輸入が始まったばかりのヴァイツェンのビールです
この前行った食のイベント、フーデックスジャパンで見つけた美味しいビール。
気づいたら 店主ケース買いしていました&専用のグラスを購入していました
多少驚きましたが、やはり専用グラスで飲むと・・・

格別!!!
地ビールのメニューには載せてませんが、ありますのでお声かけくださいませ


そんな、誰もとめられない新道亭へ 皆さまお越しください
またちょっと寒くなりましたが、毎日たくさんの方のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/03/31 Sun
函館訪問記、第二弾です

日本て広いんですね 函館って寒いんですね

函館から列車に乗って20分、完全に、冬。
逗子では桜が満開なので つい春モードで行ってしまい、、、かなり寒かったです。

着きました、今回の旅の目的地、山田農場。

すごく気持ちいいところでした (私、牧場農場、大好きです 青空万歳)
今回は雪景色でしたが、初夏は山いっぱいに放牧され、、、さらに気持ちいいでしょうね
山田ご夫妻のてづくりのチーズ工房です

そして、私たちにおいしいチーズをくれる、乳の主たち

なつっこい~~~~~可愛い~~~~~
この子は三代目のサンちゃん、あと後ろに母のメイとその母のベー子がいます
牛も、好きです。ぬぼーっとしてて ぼーっとずーっと草を食べていて、
何を考えているんだろう といつも思います。 おいしいお乳、チーズをありがとう

今、山田農場は賑やかです

仔山羊たち~~~~~~可愛い~~~~ 産まれたてがいっぱい^^
それにしても、山羊って本当にメエーーーって鳴くんですね ベイブの世界でした
山田ご夫妻は「チーズは牛よりも山羊が断然うまい」とおっしゃっていました
牛のチーズとってもおいしいのに、山羊はいったいどんな美味しさなんでしょうか
山羊のチーズももう少ししたらお店に届きます お楽しみに^^

仔山羊たちよりも可愛い奴らを見つけました
5337_349534465156263_2064323873_n.jpg
山田ご夫妻の長男・次男、
そして
529987_349534411822935_1468938413_n.jpg
三男坊。(&牛はサンちゃん) 可愛すぎる~~~~~~~~~~~~~~~~
なぜか裸んぼうでお出迎えしてくれましたフルヌードです笑
大自然のなかで育ってると、動物たちと暮らしていると、服を着ることに疑問を抱くのかな
あまりの可愛さに、山田農場のブログで三兄弟をたっぷり見てしまいました´~`

そう、お目当ての チーズ。
62290_349534371822939_1116006011_n.jpg
地下にある熟成庫に入らせていただきました
牛たちを大事に育てるところから 丁寧にチーズへ・・・
山田農場のチーズは、動物や自然や人に優しい、温かい味の、美味しいチーズです
483820_349534305156279_482920445_n.jpg
こちらはウォッシュの「ななえ」ウォッシュですが 鼻につくくさみはなく、絶品。
「ななえ」今は売り切れてしまいましたが、今後入ったらぜひお召し上がりください
ちなみに今は、特別に頂いた“リコッタチーズ”がフルーツトマトといっしょに、
フェデリーニで召し上がれます 実はパスタも大得意の6代目店主の逸品をどうぞ´~`

山田農場さん以外で国産もかなり美味しいチーズ山盛りです
桜の開花に合わせて“桜香るチーズ”は もっちり、おもちのようで ほんのり春の香り
おひとりさまで「軽く少しずつ食べたいな」というようなご要望にもお応えします ぜひ´~`


あと 最近ひそかに大注目のメニュー

“ブラック焼きそば~東村山スタイル~”
エビちゃんやイカや野菜もたっぷり。東村山スタイルというのは、ブラック焼きそばが
東村山のB級グルメ からきています リピーター率も高いです ぜひ´~`
もう一つ 大人気のメニュー

“自家製パン”
カメラを向けたら これでもかと凄まじい速さで、撮れなかったですが、逆に凄いです
弟子のカツは「なんでそんな滑らかになるのだろう」と 食い入るように見ていました
まるで店主の手から何か分泌されているようでした 美味しい魔法のかけられたパンもぜひ´~`


今月は今まででいちばん 驚きの12月よりも大盛り上がりでした
いつもどうもありがとうございます^^
Category: 訪問記
2013/03/28 Thu
毎年5代目ご夫婦が11月に行っている函館、おととしの11月は一緒に行きましたが、
去年は都合上行かず、今年 今週月火で私たちだけで行ってきました

いつも函館直送で新鮮なお魚をうちで扱えているのは、この方のお陰です

魚長食品 赤レンガ倉庫 本店のひできさん
時間が無いのに、新鮮なものを食べたいという私たちの要望に応え、
お刺身の盛り合わせをつくってくださいました ボタンエビはすくって、

はねるはねるはねる・・・ ホタテももちろん生きています

「速い 美しい 凄い」の手さばきで一瞬にして最高級のお造りができあがりました

一昨年、イカがいまいち好きではなかった私を イカ好きにしてくれたのは、この場所でした
今回はヤリイカ、透明で 美しく、味もうまい!! 今回もやはりイカにも感動しました
頂いたものすべてが新鮮そのもの、昔自分が思っていたものとは全然違います
特にインパクトが強かったのは、ボタンエビ。頭と胴体が離された状態でも生きていて、
口に入れたときに、唇のあたりで ビャビャビャビャッと暴れました
驚いたのと、“生”を凄く意識したのと で、 半泣きになりました。
命をくれたこの方たちの分まで 立派に生きないといけないと思いました。

普段、自分たちの食卓に並ぶものは 生物であっても、死んだ状態です
新道亭のお陰で、生産される場所や料理される場所に立ち会っていると、
命を頂いているんだということを常に身に染みて感じます。
頂くものそのものと そのものを自分たちのところに届けてくれる
たくさんの人に感謝して お客さまにお料理をお出ししようとあらためて思いました


今回は店主が直接見た 新鮮な魚たちが届いています


たくさんの方のお越しをお待ちしております^^



函館日記、まだまだ続きます
一番の目的だったチーズをつくっている山田農場さんと
名店たちを載せさせていただきます お楽しみに^^
Category: 訪問記
2013/03/19 Tue
春うらら どんどん暖かくなってきましたね
11日の月曜定休日に伺った川西屋酒造さんの酒蔵見学記を書きます
今回は二度目の訪問でした 人生二度目の御殿場線からは梅でしょうか 満開

ピクニック気分でスタッフ総勢4名で伺いました
待っていてくださったのは、

山北のお燗番こと米山師匠&お酒お酒お酒酒酒酒・・・
かんすけ君も気合いの2台も準備されていました


飲みに伺ったんじゃないですよ、勉強です。

前に伺ったときは眠っていたような酒蔵がイキイキ動いていました

湯気も上がり、酒蔵全体がお米のいい香りでいっぱいでした



ほぼすべてのタンクで 様々なお酒が仕込まれていました

やはり、新道亭には酒の神がついていると実感しました

またしても僕らは聖なる泉にたどり着いてしまったのです
「黒隆」の純米吟醸がちょうどしぼられていたのです!!!
初めて酒蔵見学に来たカンちゃんは大興奮でした。

お酒の仕込みだけでなく、お酒を出荷するという過程でも
たくさんの人が働いています




そして見学させていただいた後は・・・

「隆」と「丹澤山」の各種お酒を試飲させていただきました
最終的には みんなお燗酒の方から動かなくなりました
お燗は体への負担が少ないし お料理を引き立てるし、夏でもおすすめです
お燗初心者さんも(私達全員がそうでした)ぜひ新道亭で お燗を召し上がってみてください
暑くなってきたからと冷酒ばかりになるのは少しさみしいです
私達と一緒に “夏にお燗”今年から楽しみましょう´~`

ちなみに、暗くなるまで(なってからもかなり)お燗講座は続きましたとさ
ちなみにちなみに、写真いちばん右の カンちゃんこと神田くんは、
“燗ダくん”に改名した模様。“燗ちゃん”は6月から新道亭で働いてくれます
燗ちゃんのお燗もお楽しみに・・・´~`

お燗のことだけでなく、接客 気配り サービスから その他お店のことまで、
たくさんのことを教えていただき、米山さん ありがとうございました^^
今回もまたお忙しい中、足を運んでくださり お見送りまでしてくださった
今井さんいつもありがとうございます。またとても勉強になりました^^


お酒に合うお料理も多種揃っております

今日届いたのは ツブ貝です まだ元気に動いています
“ツブ貝の煮びたし”になります 
貝だけでなく、ぜひぜひお出汁までいただいてください
命をくれていますし、このお出汁で飲むのがうまいんですから´~`
お燗酒にばっちりですね


どうやら世間は明日がお休みのようですね´~`
賑わいそうな予感、、ご予約もお待ちしております
今日もたくさんの方のお越しをお待ちしております
暖かい春風とともに新道亭へ・・・
Category: 訪問記
2013/02/26 Tue
昨日の休日は『四恩醸造 小林さんを囲む会』に参加してまいりました

はじめはいろいろ質問させていただき、あとは一緒に飲ませていただく感じ。

通称つよぽんさんはとっても面白い方でした。アーティストだな と思いました。
食べることがとてもお好きのようで、ワインはその食事に彩りを添えるものだと
おっしゃっていました おっしゃる通り、四恩さんのワインは食事にばっちり!
油彩の花たちも食卓に並ぶとまた華やか!

サインをもらいました その後ろの方にボトルが見えます
やーーーー美味しかったです 3月発売の“クレマチス 橙”“クレマチス ロゼ”は
亜硫酸をまだ添加していない段階のものを頂いて感激。元気な微発泡で、うまい濁り。
そのまま瓶づめすると 暴れるかもしれないのと キリっとさせたいとの考えで、
極少量の酸化防止剤を添加するようですが、全くの無添加のものもいただきたいなあ
今うちのお店では“ローズ 橙”“ローズ 白”“ローズ 赤”“ブーケ 橙”が
お楽しみいただけます ぜひお食事に彩りを・・・


そんなワインに劣らないくらい華やかなうちのお料理と厨房も・・・

“生雲丹とニンジンのムース~かつおだしのジュレ~”
見ているだけで 幸せなため息がこぼれます
ついに写真をゲットしました ブログを見てくださっている方が
「写真をぜひ」と。ご協力ありがとうございます´~`

先週 厨房が白菜畑になりました


5代目の作る 甘みが出るまで待ってから収穫した 大量の白菜を、
塩漬けしました。  本日、手製のキムチの素で キムチ作りです。
今日の店内は たぶんキムチの香りむんむんでしょう
韓国オモニ直伝(本当です)のキムチです
「いつからお出しできるかな?」
「自然がつくるものだから分からない
店主は発酵食品が作るのも食べるのも大好きです(お酒も)
召し上がれるようになったら公表いたしますので、ぜひご賞味ください

西表島産の天然の猪は、

“猪の赤ワイン煮とじゃが芋のグラタン”として大好評

お客さまの大槻さんの実家から送られてきたキウイたちは、

“大槻さん家のキウイのタルト”として大好評

そしてそして

お待たせしました ダチョウの卵の・・・

カタラーナ!!  アイスクリームのような口どけの焼きプリンです
(キウイタルトと同様、待ちきれずに撮影する滑稽な自分が奥に写っています)
とっても濃厚クリーミーな“ダチョウの卵のプリン”と“ダチョウの卵のカタラーナ”
皆さま 新道亭へいそげ



今宵は満月です
“月がとっても青いから~♪” ぜひ綺麗な月明かりに導かれて 新道亭へ・・・

とある日のお通しでした。

Category: 訪問記
2013/02/19 Tue
先週の“大人の修学旅行”続きの投稿です
今日 逗子も雪がちらつきましたが、秋田の雪は迫力が違いました。

2日目は秋田駅に集合して 角館まで新幹線、角館は

雪に覆われていました。前に来た初夏のときとは大違い。
かまくらが作られていて ポストもすっぽり埋もれています
乗り込む‘秋田内陸縦貫鉄道’の駅の前に変な物体を発見しました

やかんにカセットコンロ・・・
こういうことです。

前日 購入した‘雪の茅舎’をお燗にしています
「列車のなかで 雪を見ながらお燗を飲みたい。皆に配るんだ」と逗子から持参。
いざ。

ワンマン列車1両編成 可愛い黄色の列車に乗り、出発!

白銀の世界へ・・・

線路すら見えない・・・

中では、

逗子の店主と横須賀の店主。
あまりにも冷えていたため、ひと肌くらいにしか温まりませんでしたが、
とても美味しい燗がつき、うちの店主はほっと一安心。
皆さまにも喜んでいただきました。次はお座敷列車貸切できたらいいですね´~`
雪はどんどん深まってゆきます


阿仁またぎ駅で下車  迎えに来ていただいたバスに乗り、深い雪のなかを進み

打当温泉(うっとう)にゆきました。そこでは

自家製どぶろくをいただきました。
店主「もっと入ります もっと入ります MOTTOMOTTO」
あとは 美味しいお昼ご飯

美しい雪景色を見ながら。。。

お昼ご飯の後は しばし休憩後、雪見温泉。
日頃の疲れと 前日と日々のアルコールが体から蒸発してゆきました

ほっこり温まって 帰りも雪見列車へ
あまりにも雪が深いので 「来るのかな?来るのかな?」でしたが、

興奮してしまいました


大人の修学旅行、総じて言うならば、白かったです美味かったです。
たくさんの学びを頂きました。一緒に行ってくださった皆さまありがとうございました。




今日はとっても寒いですね 新道亭では お燗をはじめ、お酒もソフトドリンクも
温かいお飲み物を多々ご用意しております もちろんお料理も多々
帰り道でも 回り道でも ふらっと温まっていってくださいませ
お待ちしております´~`♪
Category: 訪問記
2013/02/14 Thu
大人の修学旅行、一日目の夜は 大人らしく、宴です。
秋田駅からタクシーで10分弱走ると 風情のある建物が・・・

店主の敬愛する居酒屋「酒盃」さんでの宴 
通常は使用していない2階のフロアを貸切で使わせていただきました


カツが撮影してくれていましたが、ここから先の写真はありませんでした
お料理がおいしすぎて 宴が楽しすぎて、写真どころではなかったんだと思います
18名で大いに盛り上がり、店主のスペシャルな企画書(↓)どおり、

“泥酔し 各自ホテルへ”向かいました  楽しかったですねー
最後は酒盃の大将も一緒に飲んでくださってありがとうございました
店主含め我々ほろ酔いですみませんでした どうもありがとうございました
またすぐ、伺います  私たちの秋田のパワースポットへ

ご参加くださった皆みなさま、“はじめての旅行”でしたが、無事に終わったのは
皆さまのお陰さまです どうもありがとうございました また行きましょう´~`
今回 涙を飲んだ方々、次の企画(あるのか?!あるでしょうね)で、ぜひ


修学旅行から帰ってきて、余韻に浸ってるんではありません 
すぐに切り替え、


上:今回はついに豚の生ハム
下:第二弾 いのししの生ハム
店主は生脚がお好きなんではありません、今 生ハムを仕込む時期なのです

昨晩はなんとも可愛らしい

ニョッキ。   金太郎飴のようでした
「どうしてこんな面倒なことばかりやってしまうんだろう」と
首をかしげつつ、お客さまには「店主すごく楽しそう」と・・・たしかに笑。
今は“手打ちニョッキ 4種チーズのソース”でお出ししております

そして、、


チーズケーキ!!!  柚子のチーズケーキです
前々回載せたフォンダンショコラは ラスト1つです 早い者勝ちっっ


最後に いつも私が元気をもらうスイセンを・・・

コンクリートの割れ目から 力強く生えております
去年 咲き終わった後に切りましたが、この時期になると毎年咲いてくれるようです
短い時期には 忙しない私に踏みつぶされもしましたが、そんなことは気にせず、
パワーを分けてくれます。有難いです。あすかあさってには一番手が咲きそう・・・

そんな、お料理やイベントだけでなく 見どころのある
“逗子のパワースポット”新道亭で たくさんの方のお越しをお待ちしております

Category: 訪問記
2013/02/10 Sun
大人の修学旅行、無事に終え 帰還しました。素晴らしかったです すべて。

まずは“乗り鉄”としては 新幹線のなかの景色で楽しみました
仙台あたりから雪が目に入ってきて、盛岡を過ぎたら 見るところはもう、白白白・・・

秋田で乗り換え、羽越本線にて 齋彌酒造さんのある羽後本荘駅へ
途中 列車のなかからは日本海が見えました
ホームも「ホーム?」というくらい、埋もれている駅が多かったです


到着  モダンですてきな外観です

蔵の中で 仕込み水を飲ませていただきました

秋田県内では珍しい中硬水だそうで、山廃に適しているそうです
やわらかくもきりっとした印象を受けました とても美味しい水でした
高橋杜氏に直接たくさんのお話を聞かせていただきました
麹室です

麹室内での箱等が機械だったことに驚きました いくつもの酒蔵さんにお邪魔して、
「酒蔵って 昔からの伝統と近代文明が融合したような不思議な空間だな」と私個人は
前々から思っていましたが、齊彌酒造さんでは特に強くそのことを感じました
要るものと要らないもの、目の前にある酒とこれからの時代、
決して口数の多くない高橋杜氏のお話は 深く、とても響きました




「これは“秘密”」と言って、秘密のものも見せていただきました

これが何であるかは“秘密”です

高橋杜氏含め、蔵人さんがたの半分は農家だそうです

酒造好適米を自らの手で栽培、冬は蔵で仕込み・・・

お話×試飲をいただいていると、お昼の休憩が終わり 洗米作業がスタート、
いちばん手をかけているという 洗米の風景を有難くも見せていただきました!!

無駄なく効率のよくなるように 計算された配置や培われた動き、
全員集合で行われる洗米作業で 蔵人さんがたの真剣なまなざしが印象的でした
中でも 職人のなせる業だと感じたのが、

浸漬。
徹底的に三度洗われたお米に 水を吸わせます この浸漬作業が少しでも狂うと、
お酒の味が変わります 後戻りのできないとても重要な作業です
高橋杜氏の目で「ここまで」と感じるタイミングからスタートです
高橋杜氏がミテいるものは、浸漬具合です


透明な部分が少なくなっているのがお分かりになりますか?
浸水した部分が白くなります 全体を見て、どこまで吸わせるか判断します

同じ米の品種でも ひとつひとつで全て異なるそうです
同じように仕込んでも、同じようにお酒ができてくるわけではない
見学参加者の女性の方々が「子育てみたい」とおっしゃっていました
なるほど、そうだよな と。マニュアルを見てお酒を造るのではなく、
そのものを見て、造っている 育てていると感じました。

最後に、見せていただいた高橋杜氏のノートの いちばん初めのページ、
“日本酒とは”にとても感激したので、了承を得て載せさせていただきます


その他、蔵がとても清潔であったこと、安全に対する配慮があったこと、
次世代を担う蔵人さん方への教育や想い 随所に響く箇所がありました
自分のこれからや 新道亭にも当てはめて、さらに成長しようと思いました
大人の“修学旅行”と言って恥ずかしくない、とても素晴らしい学びを頂きました。
何より、試飲でいただいたお酒が 美味し過ぎました。


たくさんのお話をしてくださった高橋杜氏、
お迎えや案内や宴への参加をしてくださった佐藤部長さん、
忙しい時期に 丁寧なご挨拶や対応をしてくださった蔵の方々、
どうもありがとうございました。
想いや 丁寧で熱いお仕事を、ご来店くださる方々に伝えてゆくとともに、
美味しい雪の茅舎、さらに浸透してゆくようがんばらせていただきます
本当にどうもありがとうございました。



以上、初日の齊彌酒造さんの酒蔵見学 報告記でした。
その夜の宴、翌日の雪見列車の投稿はまた別で、、、

お世話になっている秋田の酒屋さんへの挨拶もゆき、また新しいお酒が増えてます
今日もたくさんの方々のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/02/10 Sun

鳩サブレーとやかんを持った男が逗子駅に・・・
彼はいったい・・・




秋田へ いってきまー!ーす!
Category: 訪問記
2013/01/30 Wed
今週の定休日は 右手にチーズ、左手にキムチ作りの香辛料等、、仕入れで東京を大冒険、
夜はとあるお宅にお邪魔して、シカに かる鴨に ダンスに・・・酔いしれました

今回は 先週のお休みに伺った酒蔵見学の様子を載せます

純米酒のパイオニア、埼玉県蓮田の神亀酒造さんです
蔵元 社長の小川原さんが案内してくださいました


食べさせていただきました 米の力強い味がしました
蔵の心臓部と言われる、麹室にも入らせていただきました

ちょうど製麹の作業中でした 温度を均等にするために、小さな箱の位置や向きを
変えてゆきます お酒の質を決めるこの大事な作業を、人手と手間を惜しまずにやる・・・
地味に見えますが、こんな丁寧な仕事・・・ちょっと感動しました
その他 どこを見させていただいても、丁寧な酒造りの様子が垣間見えました




元気な酒の声を聴いて、発酵大好きな店主は大喜びでした


そして ついに我々は、聖なる泉にたどり着きました

しぼり。   このビニールのなかでは

酒袋が圧搾されて・・・

泉から命の水が!!!!!
本物の“しぼりたて無濾過生原酒”汲ませて×飲ませて いただきましたーーーー
なんとも運のいいことに、ちょうどこの日、純米吟醸のしぼりの日だったのです
本来は前日の予定だったらしいのですが、酒の質を見て この日になったらしいです
多くの酒蔵さんに伺わせていただいておりますが、しぼりは私は初めてでした
店主いわく「最近、酒運と ジビエ運が上がってきている・・・」
やっぱりお酒も愛してくれる人のところに向かってゆくのでしょうね
衝撃の1ショットです

蔵元さんが説明×次期蔵元タカオさんが 圧搾機のなかを見せてくださっている中、
私とカツが熱心に覗き込んでいる中、店主は後ろでひとり、ひたすら飲み続けています 
うちらはビックリ×爆笑  店主自分でも「最後の晩餐のユタみたいだ・・・」
撮ってくださった蔵元さんも「本当に酒が好きなんだな」と笑っていました

お忙しいなか 案内してくださり、うちの酒好きスタッフたちにたくさん飲ませてくださり
本当に有難うございました。これからも大好きな神亀をたくさん入れさせていただきます
お世話になりました。



店主は酒好きですが、ただの酒飲みではありません
今日は 太一さんのネギを生かすべく 慣れないスコップを持っていました

今うちのお店にはネギとこちらが大量に・・・

めかぶ。    あとはワカメも大量です 海藻の時期がやって参りました
めかぶを切ってくれているのは、新スタッフのエイミーです呑兵衛です
昼に多く入ってくれています「昼飲み大歓迎です」だそうです
うちのお店は 男子も女子もすてきなスタッフばかりで、とっても嬉しいです
ご縁に感謝です
お客様もとっっってもすてきな方ばかりです
ご縁と食縁と酒縁に感謝です
いつもどうもありがとうございます



新しく入った多種の絶品チーズと多種の自然派ワインが
皆さまに召し上がっていただくのを楽しみに待っております
三崎からの新鮮な魚たちも待っております
スタッフも 今日もたくさんの方のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2013/01/24 Thu
今回の連休は盛りだくさんでした 
月曜は栃木益子の衣川さん宅へ。 火曜は埼玉蓮田の神亀酒造さんに酒蔵見学へ。
今日のところは益子での盛りもりだくさんな一日を大公開いたします

早朝、睡眠時間2時間 からだを何とか叩き起こし、出発。
お昼前には益子に着いて、着いたら一服、あきえさんの絶品カレーでお昼ご飯

本宅から少し離れた はなれ?の手作りの小屋のなかは、囲炉裏と暖炉が。
異世界に居るような居心地のよさでした そこでまずは 金つぎ講座

漆と米をのりにして 付けたり盛ったり、夕方に金箔なり銀箔なりを付けました
1年8か月お店を営業していたなかで、かけてしまった器たちの命を吹き返らせたのです
「飲食店とは思えないくらい数が少ない」「大事に使っている」とのお言葉を頂きましたが
やはり数が多く、少しだけ手伝い、あとは衣川さんご夫婦にお願いしました
可愛い子たちが また新しくお洒落をして帰ってくるのが、とても楽しみです

益子に来るようになって5回目、ついに弟子入りしました!´~`

そうなんです、ろくろをやらせていただきました!!!
土を作るところはすべて用意してくださっていました
まずはお師匠さまがお手本を見せてくださいます

アッという間に、もうステキな器です
簡単そうに見えました       とんでもなかったです

なかなかどうして、思いどおりに、いかなーーーーーーーーい
体の使い方や 呼吸との兼ね合いが 合ってないんでしょう 無駄に力んでしまいます
なんとかかんとか形にした 私の作品たちがこちら

奥はお師匠さまがほとんど手助けしてくれたもの、
手前は指がひっかかり 偶然 片口になってくれた奇跡の産物、
一番左はすべて私がやりました 途中まではなかなかだったのに、
最後の紐で切るときに ひっかかってしまい、ぐにゃっと。でも可愛い´~`
次回はもっとうまくやりたいな でも満足。可愛い可愛い処女作たち´~`
お次は店主

お師匠さまも あきえ師匠にチェンジ
店主、料理のときとは全く違う種類の、真剣な表情です
あきえ師匠ははじめから ほとんど自力で なので店主の処女作は傑作

それでも最後には 料理人の相棒、皿を完成させました!

あとの大変な 削りや焼きや色付けや その他もろもろはお師匠様がたがやってくださいます
本当に有難うございます すっごく楽しみです  どうぞよろしくお願いいたします

この後は 雪のなか 温泉に連れて行ってくださいました
日々の労働で乾ききった体が潤いました そして夜は更け・・・

始まりました

宴。  まずは ビールから。なんとも贅沢に、すべて炭焼きです
豪快に葱(超絶品とろけました)、手前が鹿肉、生ハムにチーズにワカメ、、、
持っていったワインを飲んだ師匠 思わず

「トレッビアーーーーーーノ」   やーー 素だからすごい。
さらっと空いてしまい、お次は赤、国産のチーズも登場

函館山田農場ウォッシュと旭川ブルーチーズ
炭の熱で温度等いい感じなのか、ファンタスティックでした
そしてお待ちかね、奥に見える黒い塊を店主が切ると・・・

絶妙な焼き加減のシカ肉!!!! シンプルに塩胡椒ゆず胡椒で。
食べるとこうなります
ん?
ッッッ
ヴォーーーー!ノ
うん…
(拍手)
連発なさっていたので、写真撮りやすかったです笑
この超絶のうまさのシカ肉、今なら新道亭でも召し上がれます お早めに´~`

宴は続きます    今度は冷酒

すてきな片口を撮りたかったのですが、カメラも面白いところに焦点が合うんですね笑
そしてそして 最近ハマっている

燗酒。
さすが師匠は、炭火×鉄瓶×焼き締めの徳利で燗をつけます
これが牡蠣の味噌焼きと これまたサイコウにあいました

徳利とおちょこが素晴らしい
この綺麗なアオ色のおちょこ、似合うと言ってくださり 頂きました 幸せ・・・
最新作だそうです  なかがきらっきら輝くんです お酒を入れるともう、感嘆のため息。


お料理もお酒も素晴らしいけれど、それをさらに良くするのが器ですね
本当にそう思います 今回の訪問でひとつ決定事項が。
“衣川夫妻の作品 展示販売会 
           at 新道亭”  開催決定!!!

詳細はまだ決まっていませんが、衣川夫妻にたくさんの器とともに来ていただき、
展示会と 販売会を、この逗子 新道亭にて行います
うちのお店の器たちを気に入ってくださる方々は本当に多いです
日付け等、決まり次第 告知いたしますので、要チェックです
「みんな、来てねーーーーーーーーーーー」

衣川俊仁さんと、愛娘ぺーちゃんでした



ちなみに、店主はもちろん極楽天国

この後さらに 本宅に移動し、爆音ミュージック×マッカランでしたとさ

ちゃんちゃん
Category: 訪問記
2012/11/29 Thu
今朝は 早朝から、まだ寝て間もないホクホクしたままの体で行って参りました

市場。
市場って面白いですね 日本全国、世界各国、様々な市場がありますね
買う予定だったもの以外にも店主がイイモノ選んで仕入れました
すでにお昼でも出ました 夜にもありますので、お楽しみに´~`

ひとつの闘いを終えた勇者(運転手)の姿です

皆マニュアルがペーパーだったので、ペーパー歴の短い 若手カツが選ばれました
高速にも乗って、ドギマギでしたが、安心の運転でした  おつかれさま´~`



今月頭にプチリニューアルをして、“今日のチーズ”というメニューを新設、
常時6種類は 様々なチーズを載せていますが、大好評いただいております
一か月も経たないうちにほとんどなくなってしまったので、お休みにまた仕入れに行きました

今回入れたものもまた豪華!  しかも高級・・・
チェダーワックス(ハード)  
モンドール(ウォッシュ)
トリプルクリーム(白カビ)
コンテ(セミハード)
フルムダンベール(青カビ)
シャビシュードポワトー(山羊)
キュレナンテ アフィネ オ ミュスカデ(ウォッシュ)
・・・写真以外にもまだまだあります
お店に直接買いに行くととても勉強になりますね 
生田さんというチーズのプロッフェショナルからたくさんのことを教わりました
チーズにも旬があるとか、チーズの種類、国、村の特徴・・・
知り得なかったことをたくさん教えていただき、ありがとうございました
お客さまにもお伝えして、よりチーズを深く味わっていただけたら と思います
また伺いますのでよろしくお願いします^^



と、いう感じで 今宵の新道亭もまた楽しそうです
たくさんの方のお越しをお待ちしております
Category: 訪問記
2012/11/28 Wed
我らが神奈川の酒蔵さんにも行きました 愛川町の大矢孝酒造さんです

大きなケヤキの木がお出迎えしてくれました 樹齢400年くらいだそうです
歴史を感じさせます 酒蔵は今8代目で、江戸時代創業だそうです


インパクトに残っているのは、蔵のなかに、井戸があるところ。

奥に見える四角のスペースが井戸です
水道も、ひねるとその井戸の水が出て、頂いたら とてもおいしかったです

酒蔵のおちゃめな面も垣間見ました

バーベルに

お子様用マット。 
   
この奥は麹室です

8代目蔵元の俊介さんは出張中で、蔵人の方が丁寧に案内してくださいました
帽子は 阪急ブレーブスです´~`



麹を食べさせていただきました「甘いっっ」素直な感想でとっても美味しかったです
お酒のお母さんですね 美味しいお酒がうまれるだろうと思いました

ちなみに、お世話になっている酒屋のタカオさんが同行してくださいました

ちなみにちなみに、タカオさんは夜の呑みも同行してくださいました

タカオさんもうちの店主も、一人一升は呑みました
厚木の一つの居酒屋さんから「昇龍蓬莱」が消えました 飲み干しました



大矢孝酒造の若く熱い8代目蔵元にお会いできず残念だったのですが、
なんと はるばる新道亭に来てくださいました!!!
ただ撮った写真が・・・

どうやら俊介さんのこのご様子は珍しいようです
さすが寝心地・・・居心地の良さで評判の新道亭ですね。
「昇龍蓬莱」を掲げているのは、

京都 伊根の「京の春」の向井タカヒトくんです  久仁子杜氏の弟さんです
先月、「京の春」向井酒造さんには大変お世話になりました
そのタカヒトくんが来てくださるなんて感激。関東で営業と勉強をなさっているそうです
この夜はあと2名、 豪華4名“一升男”がご来店でした
門前仲町でお店をなさっているイイジマさんと、

噂のタカオさん(奥です)   (※手前は店主です)
営業後の様子です。
店主は 酒の神にでも拝んでいるのでしょうか。この姿勢で寝ています。

ちなみに、タカオさんと店主はこの後復活。
深夜にタカオさんによる ほろ酔いお燗講座が開かれました
徳利とチロリでお酒をつけたときの味の違いや その他たくさん味比べをしました
とっても勉強になりました     朝になりました。



“一升男”4名が早い内からガンガン呑み、最後は店主も参加。
「昇龍蓬莱」「京の春」「神亀」(※実はタカオさんは「神亀」次期蔵元さんです)のお酒が
次々と空き、空いた一升瓶は7本。      7本!!!!!!??!!
しかも今開いている一升瓶も残りわずか・・・衝撃の事実です。
なんとも豪華な夜でした。
今度ははじめからご一緒させていただきたいです 美味しいお酒と・・・

俊介さんはじめ 大矢孝酒造の皆さま、向井酒造のタカヒト君、
イイジマさん、ニシザワのタカオさん、どうもありがとうございました
酒縁に乾杯

Category: 訪問記
2012/11/25 Sun
京都の伊根に行ってきたときの酒蔵見学の模様です

私の、や、スタッフ全員の、や、お客さま大勢の、大好きなお酒“京の春”の
向井酒造さんです  伊根の舟屋群のなかにあります


向井酒造の杜氏久仁子さんの旦那さま健太郎さんにたくさん案内していただきました
これは健太郎さんが!つくった麹室です 京都の杉でつくったそうです

下がスライドして 温度管理がしやすくなる工夫がなされています
今年から使うようなので、またまたお酒が進化しそうです

とても歴史のある酒蔵で、すごい木の迫力でした

蔵にイイモノが住んでいるんだろうな と肌で感じました
他の酒蔵さんと特に違うな と感じたのは、、、

海!!!!!!!!
酒蔵の奥の扉を開けると、もう すぐ海なんです
この海風のお陰で、酒蔵に冷蔵設備がなくても大丈夫、とおっしゃっていました
海の恵みを存分に吸収してるのか、どうりで“京の春”はお魚に抜群に合うわけです
ちなみに 健太郎さんのデスクは、

・・・こんな絶景の場所で仕事なんか集中できない。笑
一昨年?イルカ40頭とクジラが湾に入ってきたらしいです 

私をトリコにしたのは、お酒だけでなく、、、

チョーーーーーータローーーーーーー
健太郎さんと久仁子さんの愛息子 長太郎くんです ノックアウトされました
チョウタロウがまたイイ味してるんです
酒のワンカップをかかげて「パパー」と呼んで

一丁前に、

検品。
周りの蔵人さんたちがやるのを真似ているらしく、もう、可愛すぎです
健太郎さんも「お、長太郎、どうだ?」なんて、本当に愉しく愛しい空間です
お酒も喜んで、美味しくなりますって。
カメラを向けると、素晴らしい営業力、

ワンカップをわざわざ取りに行って、この決めポーズ。  
・・・それ買わせていただきます!!!笑

本当に、本当にとても、よくしていただきました。

伊根の寿司と 伊根の酒。       感謝美味感謝感激感謝、言葉もでません。

また来年伺う約束をしました^^  
次は スーパーマン健太郎さんのつくった、

絶好の呑み場(手づくりのイカダ酒場!)で、
ぜひ一緒にお酒を酌み交わさせていただきたいです


最後は 久仁子ママと三人で「ヤーーーーーーー

お世話になりました。本当にどうも有難うございました
次お会いするときは、長太郎の弟か妹も・・・^^
これからも海の恵み、人の恵みである“京の春”たくさんの方にご紹介させていただきます^^
有難うございました。



この伊根の旅で、天橋立 幾瀬さんと、逗子 芦原さんには、本当にお世話になりました。
心から御礼申し上げます。
Category: 訪問記
2012/11/22 Thu
二つの酒蔵見学の投稿しようとするもなかなか書ききらない内に、新しいネタが・・・

今回のお休みは・・・

農作業。
普段はイベント事と通常営業が忙しく、なかなか5代目の手伝いをできていなかったのですが、
今回のお休みは行けました。営業が終わり 寝て間もない朝5時に出発して、津久井へ。

うちのじっさまは慣れない鍬で腰が引けてます これはネギに土を盛る様子。逆に
太一さんはやっぱりイタリアンシェフは仮の姿なんじゃ・・・もう完璧に、農夫

ルッコラも味がしっかりしていて美味しいです

野菜たちがすくすくと育っている様子は なんだかすごく気持ちよかったです

キャベツに大根にほうれんそう

カリフラワーにブロッコリーに白菜

たわわなシシトウに

もってのほか(食用菊です)
芽キャベツはどう生るか知ってますか?

いちばん上がちびっこたちで、下からだんだん大きくなって 収穫します
言葉には表せない 感動を味わいました。

野菜を眺めるだけなら楽ちんですが、農作業は本当にキツかったです。
(作業というより 眠気と寒さとの闘いの方がキツかったですが。)  今回は
今挙げた野菜たち(これ以外にも大量)を収穫。ただ収穫すればいいってもんでもなく、、

里芋は掘り出して、根っこにくっついてる子たちを1つずつに分け、
大量のひげ根を竹べらでとってゆきました。
その他、絡まる葉っぱたちを細心の注意を払い 抜いたり、
不要な部分は切り落としたり、土を盛ったり、
栄養を奪ってしまう大量の雑草を根っこから丁寧に抜いたり、、、腰にきました。笑
重労働でした 感謝の気持ちが湧きました。

とれたての野菜たちは、

本当に甘く、感謝感激でした。

6代目店主こと、うちのシェッフが 野菜そのものの味を大事に
さらに美味しく手を加え、今日からお出ししております。
例えば、“ブロッコリーのペペロンチーノソテー”(残りわずか)、
“キャベツの蒸し焼き~ミートソースがけ~” どれもこれも、感嘆のため息です
ちなみに、今日から“鴨鍋”もやっております!が、そのお鍋でも白菜等召し上がれます
お店が忙しく仕込みがまだですが、たくさんの美味っし~い野菜料理が登場しますので、
皆さま 元気に育っている美味しい野菜たちを召し上がりにいらしてくださいませ^^
お待ちしております^^



ちなみにうちの若手カツはブログと違って動きのないHPの改良のために動いてくれていました
カツのお兄ちゃんやそのお知り合いの方のご協力によって、年内くらいにHPも新しく
うまれかわるようです。そちらの方もお楽しみに・・・ ありがとうございます。
Category: 訪問記
2012/11/16 Fri
11/15ボージョレ・ヌーヴォー解禁
逗子 新道亭でも、解禁されました。15日の0時をまわると同時に乾杯
営業時間が0時までということもあり、私たちも頂いちゃいました おいしかった・・・
うちで扱っているのは下の5種です  すべて自然派のヌーヴォーたちです

今回は大々的に告知はしませんでしたが、昨日一日だけでもたくさん出たので、
残りわずかです。皆さまお早めに´~`

新しくメニューに加わった“今宵の晩酌おつまみセット ¥1000”と

ヌーヴォーを楽しむお客さまも何組かいらっしゃいました うらやましい・・・
“今宵の晩酌おつまみセット”は、飲んでいるお飲み物に合わせて、
店主がきまぐれでお作りします。気まぐれって素晴らしいですね
毎回まったくもって違いますが、どれもこれも感嘆のため息。
「毎回の楽しみになりそうです^^byAさん」


新道亭では、主に国産ワインと自然派ワインを扱っておりますが、
“自然派”という表現が巷に出回りすぎて、勘違いをなさる方が多いので、
新しくなったメニューでは“自然派ワインとは”というコラムも用意しておりますので、
どうぞご覧ください^^

この前のお休みでは、自然派ワインの試飲会と作り手さんたちの講演会に行って参りました

ステファン・ティソさん この優しい笑顔のニュアンスが味にもあらわれていました    

マルク・テンペさん と マチュ・バレーさん ビールも大好き、陽気なお二人でした

やわらかい表情とは裏腹に、ワイン造りに関してはとても厳しく取り組んでいる作り手の方々。
とてもいいお話を伺いました。常に危険と隣り合わせ というリスクを背負いながらも
自然派の美味しいワインを目指す方々に敬意を払い 頂きたいものです。



そんなヌーヴォーたちと、その他ワインたちと、美味しいお料理とで
たくさんの方々のお越しを 心よりお待ちしております^^
ちなみに、今日から牡蠣も始めましたので、ぜひぜひこちらも^^



酒蔵見学もまだ書いてないものが二つありますので、追々書いてゆこうと思います。

Category: 訪問記
2012/10/24 Wed
この前の定休日では いい空気をたくさん吸ってきました

どこでしょう?


京都は丹後 天橋立


旅と鉄道 編集長の素晴らしい旅アドバイスを頂き、まずは北近畿丹後鉄道に乗って

“飲み鉄”っぷりを発揮してから、上陸。
もちろん今回の目的も酒蔵さんの見学なのですが、
せっかくなので観光も。

だがしかし、天橋立 松並木を歩いても、、

青い海 白い砂浜を歩いても、、

店主いわく「天橋立はキノコの橋立だ」「食べられるのに勿体ない」
・・・料理人の鏡です。袋がなく、泣く泣く「旅のキノコはかき捨て!」て参りました。

あと観光というものは ここには何としても行きたかったのです、伊根の舟屋



何よりの宝は人との出逢いです。感謝。

次の投稿では 伊根の酒蔵、向井酒造さんと 天橋立のおいしい干物屋さんについて載せますね
Category: 訪問記
2012/10/16 Tue
こんばんは 昨日のお休みは 今後のメニュー作成のお手本に・・・という名目で
居酒屋3軒(浦和,大船,逗子)をめぐり、少々まだお酒が残っているわたくしであります

先週のお休みに 島根の地酒の試飲会に行ってきました。

す・・・・・・・・・・・・っごい人でクラクラしました



このお酒のために 行きました

十旭日(じゅうじあさひ) 島根は出雲の 旭日酒造さん
お燗や常温で、本 当に、美味しいんです。
たくさんのお話を伺いました  
心意気と笑顔に惚れました えりこさんです

お酒造りに向き合う姿とか、人との付き合い方とかが、うちのお店と通ずるものを
感じて、とてもうれしかったです。これから末永くお付き合いをお願いしたいです^^
お店でも十旭日のお酒を入れてゆきますので、みなさまぜひお召し上がりください^^
Category: 訪問記
2012/09/30 Sun
今週はなぜだか平日もずーっと忙しく、また投稿の間隔が空いてしまいました
今週頭のお休みの (またしても)訪問記を・・・

一泊で強行で行って参りました、海外。

。。。に見える、逗子から 地上で4時間でゆける すてきなところ。
この写真とってもすてきじゃないですか?? 店主とお父さんみたい・・・
益子です。(またしても)行って参りました。益子の尊敬すべき大好きな方々の元へ・・・

益子作家の衣川さんご夫婦の展示会でした
最新作のたくさんのすてきな器と対面  キラキラしていて宇宙を感じました

衣川さんの醸す色合いがなんとも言えず 大好きなんです

またいろんな新作を購入いたしましたので、お楽しみに・・・


今回は作品展の合間にお時間をとってくださり、
益子の案内や説明をしてくださいました
二人では知られないことも知れて とても勉強になりました

あとは益子のメインストリートの散歩  店主はああ見えて、、、

好かれておりました



夜(夕方スタート)は待ってました、恒例の・・・


作家さんのお宅の風景 前回大好評いただいたので、了承を得て今回も・・・
ダウンしてしまう(笑)前までのものを載せますね









すてきな出逢いにあらためて、感謝です。
衣川さん、あきえさん、今回もどうもありがとうございました!
今度はスタッフやお客さまたちもまじえ 大人数で伺いたいな^^

交詢庵
Category: 訪問記
2012/09/21 Fri
今週頭のお休みでは 地元・神奈川の 川西屋酒造さんに行って参りました

川西屋酒造さんは神奈川の西、山北にあります。同じ神奈川ですが、横浜やら逗子やら
箱根やら山北やら・・・地元の魅力をひとつ知りました。自然がとっても豊かでした。
山々も綺麗で、丹沢山系の水はミネラル豊富でおいしく、いいお酒ができるようです

休日だというのに、工場長の米山さんが 朝から長い時間お相手をしてくださいました
説明しているとキリがないので、たくさんの写真にて・・・

米洗いはかなりの重労働です

お米がないなか 一連の流れを 体をはって見せていただきました
米山さんの一芸に笑わされましたが、本番はもう本当にキツイことでしょう・・・
火をたき、

米を掘ります

熱がまんべんなくわたるよう、工夫が成されています。
しぼります  仕込みが始まると いい香りがするそうです

巨大タンク

冬になったら この空間は ぷくぷくとお酒の合唱が聴こえることでしょう。
徹底した管理のもと、加熱します


その他たくさん見せていただきましたが、最後に瓶火入れの機器と
10557_275233219253055_578428443_n_convert_20120919210959.jpg
お酒の巨大冷蔵庫を・・・
421220_275233292586381_1380978163_n_convert_20120919210937_20120919211051.jpg
右も奥も 写真を撮る背中側にも たくさんの大きな冷蔵庫が・・・
熟成させてから出荷です  楽しみでしょうがないですね

何が驚きかって・・・

私たち二人だけのために こんなたくさんの試飲を用意してくださいました
しかも、ほぼすべてのお酒の 常温とお燗を利き酒させていただきました

川西屋酒造さんは 燗に向く酒を造っています
一口にお燗と言っても、ただ普通に温度を上げたものと 高温に上げてから下げたもの、
空気を含ませてから燗にしたものと 燗にしてから空気を含ませたものと・・・
同じ一種のお酒でもまっっっったく味が違うんです。衝撃×衝撃×感動×衝撃。

最近 燗にめざめかけていた店主をさらにぐーっと燗の世界へ引き寄せたようです
翌日の休みでは紹介を受けた 溝の口の遊家にいらっしゃる燗職人KENさんを訪ねて
美味しいお燗をいただきました     またその翌日のうちの店主は・・・

「学ぶとは、真似ることからだ。」

ちなみに、この日 店主は新しい歳のデビュー日でした。
新しい歳&燗職人への一歩   いろんな意味で デビューの貴重な姿です笑
ちなみにちなみに、その日に“酒トレ”も行いました。
これからうちの店主、スタッフそれぞれは更に進化を遂げてゆくことでしょう
ご期待ください´~`



米山さん、ご紹介&当日も来てくださった今井さん、KENさん、
本当にどうもありがとうございました。精進いたします。

Category: 訪問記
2012/09/19 Wed
長野にはワイナリーだけではなく 酒蔵さんもたくさんありました


駅は違いましたが まず伺ったのは

店主の好きな“豊香”というお酒を醸している豊島屋さんです
お米をいろいろ試して 研究を重ねています

普段は開放していないという酒蔵の2階は なんとも趣深く・・・


日本酒は 日本のお酒 なんだなあとかしみじみ思っておりました

日本酒ストリートと呼ばれる上諏訪の5蔵の酒蔵さんには 時間の関係でふたつ。。

“舞う姫”いいですよね  舞姫酒造さんは“翠露”というお酒も造っています

文豪 川端康成 直筆の題字を使っている舞姫 を買わせていただきました


そのお隣には“麗人”醸造という酒蔵さんがあります

「いい水のお陰」だから酒蔵さんが自然と集まっているのですね
この蔵では唯一 地ビールも醸しておりました

ここでしか飲めない 麗人の 生!ビール!!おいしかったです´~`



酒蔵さんに行き 造られている場所を見て 人を見て 熱い想いを聞くと、
よりそのお酒に対する愛が芽生えますね  それをお客様にお伝えしたいです
今度はスタッフ全員で、お客さまもご一緒に 酒蔵なりワイナリーなり
見学ツアーしたいですね  そのときはどうぞご参加くださいませ

ちなみに、昨日おとといの連休でも酒蔵見学に行きました
地元 神奈川の地酒「隆(りゅう)」と「丹沢山」を醸す川西屋さんです
熱い熱い工場長 米山さんからたっっくさんのことを教えていただきました
川西屋酒造さんの訪問記はまた別投稿いたします
この二連休で 本当に日本酒やお燗のことをたくさん学びました
うちの店主は「燗にめざめた!!」とのこと。
奥が深~い日本酒のことをぜひ店主とお話しにいらしてください
Category: 訪問記
2012/08/23 Thu
8月19日の“シタールを聴きながらカレーライスを食べようの会”も
たくさんの方にご参加いただき、どうもありがとうございました^^
インドのイベントが終わったと思ったら、すぐ次のイベントです
先月の第一回で大好評いただいた 日本酒の会の第二弾!!

9月7日(金)  19:30~  
秋田 “まんさくの花” 日の丸醸造
 さん です
会費は¥6000です
金曜日で「間に合わないかも・・・」との声が聞こえますが、
前回同様に 会の終了後も盛り上がり続けますし、
遅れていらっしゃる方も多いので、お気になさらずに
ぜひご参加くださいませ^^

左の2種が最近入れた まんさくの花さんの2本です
若いスタッフの のぐりー&ジョリーは黄色いラベルの方を以前飲んで
まんさくの花のファンになったようで、イベントの日に働かせてくれとの志願が
あったくらいの 大人気の日本酒です たくさんのお越しをお待ちしております
ご予約は 直接スタッフにお伝えいただくか、
046-871-2012 まで よろしくお願いいたします


まだ お店をやるだなんて全く話のなかった1年半前の冬に
まんさくの花の酒蔵さんに見学に伺ったときの様子をどうぞ
P1050149_convert_20120823214728.jpg
すごい雪の降る日でした
P1050118_convert_20120823214821.jpg
蔵人さんたちが黙々とお酒をつくっておりました
P1050119_convert_20120823214903.jpg
いい言葉がたくさん散りばめてありました
P1050135_convert_20120823215929.jpg
秋田美人に酒粕をお譲りいただき、教えてもらった酒粕パックをしました
P1050146_convert_20120823220035.jpg
とても居心地の良い 日の丸醸造さんでした

日本酒の会第二弾 9月7日(金)
“まんさくの花” 日の丸醸造
 さん
ご予約お待ちしております^^



お盆が終わり、お店もようやく落ち着きを取り戻しました
通常営業日も たくさんの方々のご来店、お待ちしております

「髪の毛バシッと決めてないからなあ」と言いつつも
「笑って」の一言で、この笑顔です。裏の守り神 カツでした
 
Category: 訪問記
2012/07/26 Thu
渓流釣りに必ずくっついてくるのは、農作業。
津久井にある 5代目の畑にも行って参りました
元気な野菜たちをどうぞ



このトマトたちはうますぎます。
普通トマトは 出荷のときにつぶれないために、
青い状態のときにもいでしまうのですが、太一さんのトマトは木で熟してから
もぐので、大地の栄養をたーーーっぷり吸収してて、甘い!!!

あとは万願寺トウガラシと

ズッキーニ並のキュウリと

シシトウ アスパラ サツマイモ 長ネギ ピーマン

ひもトウガラシは くりんくりんで可愛かったです


一見 雑草?のようだけど、

このスベリヒユ(山菜) のお浸しもおいしかったです


よく働き よく食べたカツと

インドの農夫 6代目。


よく働きよく遊ぶ いいお店です、新道亭。




かやぶき屋根のおばあちゃん家。

縁側での休息も これもまた格別でした



おいしい野菜たちをぜひ皆さま食べにいらしてください
元気な夏野菜で 夏バテ知らずです


Category: 訪問記
2012/06/19 Tue
インドのほとぼり覚めぬまま、先週のお休みに 秋田に行って参りました。

こんなものを携えて・・・
凶器
「?!?!?!?!?!」 ← 街の人の反応。
何だと思いますか?
・・・生ハムです。しかもイノシシの。しかも 店主の自作の。

うちのお店に置いてある“秋田の生ハム”の作り手 金子さんに、
自作の生ハムの処女作(イノシシだけど)の助言をいただきに行ったのです。ですが
きっかけは、金子さんの企画『秋田内陸縦貫鉄道の旅~秋田グルメツアー~』への参加。
秋田の内陸部、新緑の山間部を貸切ローカル列車で走りながら 秋田の美味酒食を・・・
走る居酒屋
“走る居酒屋”ですね
絶景
絶景
絶景
店主は顔がずっとほころびっぱなしでした
「インドよりいいなあ」だって・・・ まあ、たしかに。笑

お師匠様に評価をいただきました
お師匠様に・・・
「美味しい」「上手にできてる」「これは売れるくらいだ」だそうです。
なんとなんと他のお客さまにもご試食いただきました 
そしてそしてなんとマイクまで・・・
お得意の・・・
「恐縮です」とか言いながらも、実は得意なマイクパフォーマンス、
注目と笑いをちゃっかりいただき、いろいろ喋っておりました

なんともなんとも 楽しい企画でした
新道亭でも 列車を借りきってやろう!と話しています
実現する際は ぜひ皆さま奮ってご参加くださいませ



宿泊は、秋田角館に祖父母の家があるという戸田さんのご厚意に甘え、
戸田さんのおじいちゃんおばあちゃんにお世話になりました
素晴らしいところでした
美・角館
美・角館
呼吸が深まりました

翌朝は店主のお願いを聞き入れていただき、戸田さんとおじさまも一緒に
山に“みず”(山菜)を採りに行きました
いざ
素晴らしいところでした

みずは その名の通り、みずがたくさんある場所に生えています
ちょっと場所が離れると味が違うといいます 水の味です
みず
秋田の水は本当に綺麗だと思いました
渓流

おじさんが確かな勘を駆使し、大量に採ることに成功しました
みずを洗います
戸田じいと 出口ばあ(店主)が 小川でみずの泥を落としているところです
いろいろ本当にお世話になりました ありがとうございます
次回の秋田もよろしくです♡´~`




最近じっさまばかりが載っていたので、若者たちも・・・
彼らは私たちがインドに行っている間、西表島に行っていました
イケメンのカツと
katsu
珍獣です。
tetsu

これからも新道亭をどうぞよろしくお願いいたします
Category: 訪問記
2012/06/12 Tue
10日(日)はお休みいただきありがとうございました
実は秋田に行ってきたのです   
インドのほとぼりさめぬまま 気づいたら秋田・・・
秋田には 食を酒を 追求しに行って参りました
秋田旅行記もつまっていますが まずはインドの食を・・・



行く先々で インドだろうが、やはり店主は現地の市場や八百屋を見て回ります
やおや
「感想を」「雑だなあ」

インドの定食 “ターリー”
食
yogaの聖地 リシュケシュの大衆食堂にて。うしろは聖なる河ガンガー。

リシュケシュをガンガー上流に向かってさらに車で山の奥地へ
アーユルヴェーダの食事にこだわる(yogaホールもある)ホテルのお食事は
食
お昼と夜が基本こんな感じでした
“ダール”レンズマメのスープは 日本人にとっての味噌汁のように
毎食出てきました  ちょっとずつ味は違うと思うのですが、
“マサーラ”というミックススパイスを使うので、どれも味は カレー。  
隣は、ザ・カレー 暑さを乗り切るためにか どれも辛いです

自然にやさしく環境を考えてのホテルで、自分たちで野菜を
育てているので、生野菜もおいしくガシガシいただきました

朝ご飯はほっと一息
食
チャーイやお手製のレモングラスティーはとても染みました
マンゴーやパイン?フルーツも甘くて美味しかったです
各所でよく出た“ナン”よりも個人的には“チャパティ”が好きです

こちらはヒンズー教の聖地 ハルドワールの大衆食堂にて
食
右奥から“プラーオ” インド風の炊き込みご飯(ピラフのようです)
真ん中“ドーサ” 米粉、豆の粉を発酵させて、クレープ状に焼いたもの。
オニオンドーサは 火が通った玉ネギが上にのっていました
手前が“トマトのファルス マサラ” チーズの詰められたトマト のカレー

うちの店主は各地で美味いお店をみつけるのが上手です
「ここのシェフは塩味が強いけど おいしい」とてもおいしかったです

うちの店主は研究熱心です
メモ
最終夜のハルドワールのホテルにて、インドで食したものをすべて
メモしておりました    髭もだいぶ伸び、現地度高くなりました。

真ん中あたりに見えるは“レモンとコリアンダーのスープ”
パクチーは得意ではないのですが、とってもおいしかったです
スパイスに疲れたからだに優しく染みわたりました
左の筒状の食べ物は“野菜のケバブ”お肉に見えてお肉じゃありません。
ジャガイモがベースでインゲンとかその他野菜が入っています

リシュケシュとハルドワールは 聖なる地として アルコールも肉類も
一切なかったです。私は肉類はまったく苦ではなかったですが、
アルコールに関しては お酒大好きな店主は「苦行」以外の何物でも・・・

けど、飲みはしました
牢獄のような・・・
こんな牢獄のような檻のような・・・これが酒屋さんなんです
“ラヤワラ”というリシュケシュとハルドワールにの間にある町にて
ビールを購入。残念ながらインドのキングフィッシャーはなく、
バドワイザーでしたが 大量に買い込みました
が、さらに店主の頭を悩ます難題。 いかにビールを冷やすか・・・

店主は勝ったようです
WINNER
ビールを紐で結び 重ね、トイレットペーパーで固定し、
エアコンでどうにかこうにか冷やしていました  各所で
様々な手を使いがんばって冷やそうとする様子に大爆笑でした



やっぱり食って面白いですね その土地や文化で全然違う。
帰りの飛行機は香港で待ち時間があったので、香港料理を食しました
香港
「「ほっとする・・・」」
やはり日本に近づいた方が安心しました 
香港にも近いうち行きたいなあ



いちばんのインパクトは・・・
ラーーーーン
“タンドリーラーン”
インド楽器 シタール奏者のお客さまに伺っていた、
デリーのカリームという大人気のお店にて。
ヤギのお肉です。一口もお肉を口にしていなかった店主、
むしゃむしゃと食していました。(大きすぎて完食はできず)



“ダール”“レモンとコリアンダーのスープ”“プラーオ”は
『インドの想ひで』として、すでにメニューになり大好評
インドはもうコリゴリ という感じでしたが、やっぱり意外と
これがうちの店主。
インド、好き?´~`
Category: 訪問記
2012/06/09 Sat
大変お待たせいたしました
梵
たくさんの催促ありがとうございます。インド旅行記です。

5月の21(月)金環日食の朝に 一睡もせずに飛び立ちました
デリーに夜に着き、翌朝ハルドワールゆきの列車に乗り込みました
ザ・インド
さすがインド・・・
列車の駅では人が溢れかえり たくさんの人が寝そべっていました
窓から見える景色は 衝撃の連続でした
街並み
前夜に暗がりのなか廃墟だとばかり思っていたような建物たちは
廃墟ではなく、すべて人の生活がありました。ショックでした。
街並み

建物だけでなく、人にもびっくり、たくさんの数の脱糞者を目撃。
話は聞いていましたが、目を疑いましたが、事実でした。

人の行為だけでなく、数にも驚かされることばかりでした
人人人
「美味しい」「 行った方がいい」とお客様に伺っていた
“カリーム”に行く途中の デリーのひとつの路地。
45℃!!の暑さと 埃っぽい空気に加え、この人。。。
購入していた布に顔をくるみ 必死にかきわけて歩きました

人の多さでもうひとつ驚いたのは ヒンズー教の聖地、ハルドワール
ハルドワール
特にお祭りでもないのに 本当にたくさんの方が
聖なる河、ガンガーで沐浴なさっていました

ちなみに ハルドワールでは沐浴いたしませんでした。
信仰している方々には ガンガーの水は澄んで輝いているのでしょう




インドは衝撃の国でした。

貧と富が リアルに、非常に非情にリアルに、目の前にありました。
赤子
私には何ができるのだろうか と自分に問うのですが 答えは見つかってません
少女

ただただ彼らの笑顔はすごく美しく 本当に可愛く 強さを感じさせました。
少年
インドの人々にたくさんのものを頂きました。ダンニャワード



ちなみに、そんな衝撃を受けに行ったわけではなく、
最終目的地 長期滞在地はこちら
リシュケシュ
リシュケシュ。
沐浴風景
ガンガー上流です。
ビートルズも行ったyogaの聖地です。
yo
ga
そうなんです、“修行”というのは、インドに行きたかったのは私で、
yoga三昧でしたのです  朝陽を浴びながら 夕陽を眺めながら
頭立ち
ありがとうございました。



ですが、店主にとっても“修行”でした。
リシュケシュとハルドワールは アルコールが禁止の場所で、、、苦行でしたね
けど 意外とインド、好きなのかもしれないです。
これがうちの店主。



インド旅行記、食べ物編、もちろん続きます
うちの店主はただでは帰ってきません。インド料理、やっています
ご期待くださいませ^^
Category: 訪問記
2012/05/03 Thu
栃木の益子、行って参りました!! やっぱり陶器市は賑わっていますね
人も器もたーーーーーーーっくさんで、くらっくらしちゃいました   が、
ものすっごく楽しかったです 6代目はまたいろいろすてきなお皿を購入していました
私もいくつか吟味の末に購入しました    皆さまお目見えをお楽しみに^^

今回も作家さんの衣川さんのお宅(今回は駅に近い別宅)にお邪魔させていただきました
「今回は陶器市で忙しすぎて 大したおもてなしはできないの」と言っていたのに・・・
前菜盛り
前菜盛りから幸せ!!!
季節を感じる品々・・・つまみが!  何がいいってやはりお皿とビアグラスがサイコウ
幸せのため息をつきました
その後も もちろん自作の土鍋での白菜なべと あきえさん特製の餃子!
餃子パーリ
可愛い自作の注器にはシビれるくらいうまい柚子ポン酢。
自作のすてきな器に囲まれ おいしい料理に囲まれ 人に囲まれ 酒を飲む・・・
感嘆のため息がもれました 

衣川さんご夫婦は、すてきな器の提供だけでなく すてきな人生を思い描くきっかけをも
いつも会う度に与えてくださいます すてきなご縁に感謝。
ちなみに前回の衣川さんのご自宅の食卓の様子はこちらです 前回の食卓

今回の別宅もいろいろ自分たちで手を加えていて “交詢庵”という名で使っているそうです
交詢庵
自作のたぬき君も なんだかすっとんきょうな顔で可愛すぎる・・・
衣川たぬき



益子の陶器市はGW中開催です!5/6までです
器や料理に興味のある方 どこかへふらりと行きたい方、おすすめです
すっごくいいところです ぼーっとのんびりもできますよ^^
衣川さんたちはメインストリートをずっと歩いて 右手に蕎麦屋さんを通り過ぎた、
アジアン雑貨の置いてあるお店の角を右に入り 突き当たり左へ 奥から2番目の右手です
ご夫婦の写真はこのブログ内にあるので、ぜひぜひ訪ねてみてください^^
「料理が映えるお皿だ」だそうです  6代目もお気に入りでたくさん使っています
ぜひ^^




衣川さんあきえさん 今回もどうもありがとうございました
お陰さまで 将来の幸せな生活の妄想がとまりません笑
残りの期間も忙しいでしょうが がんばってくださいね^^
また伺います^^

Category: 訪問記
2012/01/27 Fri
ダチョウ投稿を ダチョウのように首を長くして待っていたみなさま
お待たせしました

やってきました

“ダチョウのカツレツ”というメニューを出していたところ、お客さまから
「相模原にダチョウを飼っているところがあるらしいよ」との情報を・・・
「美味しい国産ダチョウの肉をお客様にお出ししたい!!」と、店主はウキウキ
早速 電話をかけ、早速 次の休みに 極寒のなか それはもう極寒のなか 行って参りました

まず迎えてくれたのは ひなたちです
ひなたち
頭の後ろ、背中に縦縞が入っているこが ひなだそうです
鳥嫌いの私ですが、なんだかちょっと可愛かったです
ダチョウにハマる方の多くは 澄んだ瞳のトリコになるらしいです

お次は・・・
お・・・にく
食用とされるひなたちです
成鳥になるとお肉がかたくなってしまうので、その前に・・・
食事では命をいただいているのだと 改めて実感しました

食べているのはとってもヘルシーな  美味しそうなおからの混ざった餌です
おいしそうな餌
ここで育つ生き物のお肉も とても美味しく健康的だろうと感じました

たまごを産みやすいように 広い柵のなかに、♂1羽×♀2羽の割合で飼育しているそうです
♂1 ♀2
黒い毛の子が雄、茶色い毛の子が雌です
産まれたたまごがこちら・・・
たまご
でっかいですね 両手いっぱいのたまごです
「これでプリンを作ろう」「目玉焼きを作ろう」店主の楽しみは広がる一方です
プリンにすると濃厚なプリンになるそうです 目玉焼きの大きさは・・・お楽しみに´~`
春先になるともっと多く産むようなので そのタイミングで登場になるでしょうか

その牧場のお肉を使っているレストランに食べに行きました
“ダチョウのたたき”と“ダチョウのステーキ”をいただきましたが すごく美味しかったです
食感は牛肉に近いですが、カロリーが低く アミノ酸がたっぷり、健康にもいいようです
首のお肉を輪切りにして“ネック”という部位もあり、牧場の方 大絶賛です
外国産のものは成鳥でお肉がかたいのですが、その牧場のダチョウとても柔らかかったです



寒かったですが、すごく楽しかったです お気に入りの写真たちもどうぞ

転卵
牧場の代表者であり ダチョウの飼育員さんでもある、麓さんと、看板ダチョウの“むさし”
麓さんの頭を たまごだと思い、転卵という たまごを転がす仕草をしています
むさしは完全に麓さんに心を許していますね^^ ほのぼのでした 笑いました

一方 うちの店主は若干むさしにナメられているのか・・・
クェ
しまいには今後の人生相談まで乗ってもらっていました
そうかぁ

むさしは通常の柵のなかではなく人間ポジションを悠々と歩いています
荒れるむさし
なぜかこのショット好きです
ナイスショット
麓さんは むさしのCM出演を目論んでいるようです
テレビ関係者の友たち、ちょっとなんとかならないかしら?笑



なかなかダチョウ肉が普及しないなか 熱く麓さんはがんばっています
ダチョウとの触れあい(近すぎ近すぎ)を求める方、食用としてダチョウ肉を使いたい方、
純粋に楽しいですよ ぜひ足を運んであげてください^^
ダチョウ牧場スマイルオーストリッチ
ご家族でもカップルでもきっと楽しめると思います
写真や動画を見せた弟はすでに行く気満々です 皆さまもぜひ^^


ダチョウのお肉、購入いたしました
うちのシェッフこと6代目店主は どう美味しく出すか試行中です
楽しみだなあ^^ ダチョウ肉を食しに ぜひ新道亭にもいらっしゃいませ^^

Category: 訪問記
2012/01/23 Mon
書ききる前に投稿してしまっていました; あらためて書いて投稿します


結人というお酒は、群馬県の赤城にある柳澤酒造さんがつくっています
4人,5人ですべてをこなしている小さな酒蔵さんです
前に独酌会で出会った杜氏さんが案内してくださいました

米を蒸す釜です
蒸し釜

工程は省いて・・・

お酒を発酵させるタンクです
酒タンク
酵母が違ったり日付が違ったり・・・

写真で杜氏さんが上っているところまで上がりタンクの中を見させていただきました
生きてます
感動しました  
手前、泡が見えますでしょうか? ぽこぽこぽこぽこ・・・生きてます
この過程でアルコールができます 

もろみの段階のお酒をすくって飲ませていただきました
まだアルコール度数も13度くらいのもの すでに美味しかったです´~`


どうやったら美味しいお酒ができるか どうやったら売れるか
どうやったら新しいお酒を地元の人に受け入れてもらえるか・・・
試行錯誤で毎日がんばってらっしゃいました これからも美味しいお酒に期待
また独酌会その他企画でお会いできることも楽しみにしています^^




ちなみに、
新道亭は今日は定休日、あすは月1回の火曜不定休でお休みいただきます
あすはダチョウ見学に行って参ります ダチョウ見学に行って参ります
ダチョウ見学に行って参ります    ダチョウ見学・・・ダチョウ・・・
店主はノリノリウキウキです もちろんお店に活かされます
詳しくはまたお話いたします^^

Category: 訪問記
2011/11/09 Wed
昨日おとといで函館に行って参りました
いつもお世話になっている魚長食品のひできさんと初対面
魚長
有名な老舗で、近所のおばちゃまたちも「ここが一番鮮度いいし安い!」と絶賛

口がパクパクまだ生きている超・新鮮な魚たちを吟味する6代目です
吟味する6代目
奥に写っているのが 働き者でおちゃめなひできさん いつも感謝感謝です

今回は気合いの仕入れでお店が魚だらけ!!

自家製たらこ
スケソウダラのこども 自分で“たらこ”に。
無添加でなんとも美味い!!大人気で初回はすぐになくなり、今回は第二弾
1本300円でお出ししております

初めての試み なんとも立派でなんとも新鮮な根ぼっけを燻製かけるそうです
ほっけ
“スモークほっけ”     お楽しみに・・・

その他、本日は新鮮な・・・
・イナダ刺 680円
・そい刺 780円
・ヒラメ刺 780円
・マコガレイ刺 850円

白子も大量!!!!白子祭り
ポン酢に天ぷらにフリットサラダに昆布焼きに白子入り湯豆腐に・・・
どれも超新鮮 どれも絶品

かなりお得に     ツブ貝焼き 850円
大!!サービスで    黒ソイ丸ごと一匹 980円(塩焼きor煮付け)
 


今日来なきゃもったいないですよ!!!
ぜひぜひお待ちしております
Category: 訪問記
2011/09/21 Wed
GWの益子陶器市で出逢った衣川さんご夫婦が展示会をするということで、
足利から益子へ2時間かけて移動・・・再会をはたしました
益子の共販センターの特設ギャラリーにてまたまた6代目ははしゃいでました
益子
オーダーメイドのお皿やワインクーラーもまたお願いして、益子散策へ
陶器市のときは盛り上がっていましたが、平日ということ 雨ということで
とっても穏やかで平和な益子のメインストリートを歩きました
料理人てのは お皿を見るとイメージが膨らむのでしょうか 散策中も嬉しそうに
いくつか購入。新しいお皿たちもお目見えするので みなさまお楽しみに・・・´~`

夜はなんと衣川さんご夫婦のお宅にご招待いただきました
作家さんの食卓ってすごい!!(衣川さんたちが飲み食いがお好きだからかな?)
お皿もぐい飲みもすべて自作です 自宅でぐい飲みを気分に合わせて選べるなんて・・・
いずれはこういう生活をしようと決めました 載せてほしそうだったのでご紹介します´~`
奥様のあきえさんのお料理もおいしかったです 感激でした
まずはスパークリングと前菜
作家さんの食卓
白ワイン赤ワインと自家製のバジルソースやからすみバターにライ麦パン、チーズ
なんとまぁ
日本酒とホタテソテー(この頃にはあまり記憶はありません)
すばらしい
「ちょいちょい一杯・・・」       ちょいちょいじゃなかったです

いろんな意味でいい刺激になりました
人のご縁に感謝
大っきなおにぎりふたつもサイコウでした




今日から加わった新しい仲間たちです
新しい仲間たち
この注器めちゃくちゃ可愛くないですか?!
日本酒一合がちょうど入ります ちょっと陽気なゾウさんのようです
きゃわいい仲間たち
「ニンジンにはウサギを ソーセージにはブタちゃんを・・・」
ちびっこたちは いたずら好きの6代目の遊び心をくすぐります

ワインもお皿もちびっこたちも みなさまお楽しみに




ブログの登場を待ち構えているみなさま、しばしお待ちを・・・
今日は 嵐の後始末です´~`
Category: 訪問記
2011/09/21 Wed
19、20日と連休をいただき 今月も元気に遠出いたしました
栃木足利のココファームワイナリーと大好きな益子です

ココファームは本当にすてきなところでした
こころみ学園の生徒たちと先生の今までの歩みに感動しました
ぜひHP内の こころみ学園だよりをご覧になってみてください

元は何もない急斜面の山が今では ぶどう畑に・・・
ぶどう畑

ワイナリー見学に参加させていただきました
摘んで選定したぶどうをつぶします
ぶどうつぶします
大きなタンクで発酵させます
発酵させてます
貯蔵します
貯蔵します
なかはワインのいい香り
ワイン樽

さらっと書きましたが、ひとつひとつの工程でたくさんの工夫がなされていました
ワインへの想い、人への想い、“人ありき”のワイナリー   ワインもとても優しい味です


テイスティングにも参加させていただきました
テイスティング
いつもココファームさんのワインを扱わせていただいていますが、
新しいものや飲んだことのないものまでいただきました やっぱりどれも美味!!
発注の際お電話でお世話になっていた方とも初めてお会いでき、お話も楽しく
本当に行ってよかったです^^   なかなか手に入らない本数限定ワインも、
遠くから来たということで お店での注文を受け入れてくださいました
もう少ししたらお店のラインナップにのると思うので、みなみなさまお楽しみに^^


テイスティングですでにほろ酔いなのですが、併設されている
可愛く 美味しいと評判のカフェにももちろん行って参りました
可愛いカフェ
カフェテラス
ちょうど休日でウエディングパーティーもやっていました
気持ちよい風が吹くなか 幸せそうな人たちがたくさんいました
横目に見ながら ワインを片手に とってもいい気分に・・・



すばらしいところでした   みなさまも機会があればぜひ・・・
爽快


Category: 訪問記
2011/08/02 Tue
7月の初めての連休で 山梨の須玉に渓流釣りに行ってきました
5代目ご夫婦は夏の間 月に1度は行くようですが、6代目私たちは初めて。
まず釣りのしかけを営業の合間に作るところで少しヘバりました

が・・・行ってよかった!! こんないいところでした
いいところ
シシ神さまのパワーをいただきました
シシ神さまの森

男衆と女衆は違う場所で釣りました
5代目のご婦人は さすがサマになっております
ご婦人
まぬけなお魚もいるもんですね
ボヨヨンの私にも釣れました
釣れました

男衆は腰まで深さのある難関な場所で釣りました
へとへとになって帰還です
男衆
やっぱりどうして 6代目は決まりません
真ん中がボスの5代目
一番左のイケメンはうちの若いスタッフ“カツ”です 甘いフェイスです
今日(8月頭)から 8月いっぱいは基本毎日お店にいます
katsu
               会いに来てください

お初なのでやはりまだまだですね
川魚たち
ランチで唐揚げにも出しましたし 夜にも出しましたし
川魚たちの唐揚げ
一瞬で完売でした 骨もとろけるようにやわらかく、美味でした
私たちの血と汗と涙を みなさまありがとうございました
今月は22~23日でまた調達しにゆく予定であります
24日には新鮮な川魚が召し上がれますので ぜひいらしてください^^




やっぱりへっぴりの6代目スナップ
へっぴり
指導はもちろんオールマイティ5代目

このコンビがさいこうに愉快です
6代目です
会いに来てください
Category: 訪問記
2011/07/07 Thu
ご無沙汰しております のは、この前書いた記事がまさに書き終わった瞬間に
消してしまったのです泣きそうでした;;   たくさんネタがたまっています



この前 ポルチーニ茸をとりに行ってきました    いつものこのメンツで。
いざ
5代目 河内さん 6代目
腰籠に地下足袋 6代目はなぜだかどうして決まってません

かなりの山奥です
山奥へ
崖のぼりです
山の上へ

まるでマリオのゲームのなかのきのこのように出没
発見
こんなに大きいんです 掌におさまりきりません
こんな大きさ
けれどこれはおじいちゃんきのこなんです  
崖を上り下り 蜘蛛の巣まみれになり 探しに探してようやく・・・
魂のポルチーニ
血と汗と涙の 夏のポルチーニ茸

こんなごちそうになりました
ごちそう
素材の味をいかそうと シンプルなグリルです  







ところで、求人しています

キッチン
ホール
ビアガーデンスタッフ

男女問わず
時間と曜日は応相談

本格的な料理が学べます
新鮮でおもしろい食材が常に盛りだくさんです
日本酒・ワインに興味のある方もぜひ

畑やお店の経営に興味がある方も大歓迎です

詳しくはお気軽にお電話にて 046-871-2012
毎日楽しいことばかりです   お待ちしております 


Category: 訪問記
2011/06/10 Fri
本日 漁師さんから大量に新鮮な魚たちを購入
魚祭り
サメ、カワハギ、ヒラメ、フグ、クロダイ、ヒメジ、カニ、ホウボウ・・・
すごい迫力でした 魚祭りです シェッフ大喜び
さっそくおすすめメニューに追加
カワハギの刺身、トチザメのから揚げ、地フグのカルパッチョ・・・(まだまだ)
おすすめ黒板の書き換えも毎日たくさんあります 飽きさせません´~`


今日は魚祭りだけでなく、梅祭りでもありました
たわわ
この前のさくらんぼ同様 昼の休憩中に行って参りました
あまりの たわわっぷりにびっくり またまた大喜び
梅の傘
傘をひっくり返してとるのがコツだそうです
何よりも果実をとるのに重要なのは
5代目
木登り
ドリンカーの台をつくってくれた隣のラ・ベルデのシェフ 5代目です    
イタリアンのシェフは仮の姿なんでしょうか
大工なのか農民なのか木登り屋なのか・・・彼のネタは尽きませんので乞うご期待
木登り
身軽すぎ!大爆笑
6代目は安全に地面でもいでました 地面も崖でいい汗かきました

5代目「いつもブログにダビンチの顔がよく写ってない」「細かく動きすぎです」
今回の写真はどうでしょうか´~`

梅だけじゃなく、
びわ美味しい
びわもたわわでした
おいしすぎでした
びわ
びわのお酒も間違いなくおいしい! びわの種もおいしいお酒になるそうです
梅たちは もちろん梅酒にしたり、はちみつに漬けたり、梅干しにしたり・・・
うきゃうきゃしてしまいますね   みなさまもお楽しみに^^



うきゃうきゃと言えば、昨日地元の友達が仕事終わりに遠路はるばる来てくれました
女子会
きっと載るのを楽しみにしていると思うので載せときます  ザ・女子会でした´~`
出逢ったばかりのひながひーと来てくれました 
今日のランチには吉田君がサングラスにバイクで登場してくれました
美ワイン処のおふたりが仕事前に来てくれました
アベちゃん本人はまだ来てないのに アベちゃんのお友達きてくれました
みんな どうもありがとうございます^^

たくさんのお客様と繋がれています 本当にありがたいです
これからもどうぞよろしくお願いいたします
Category: 訪問記

プロフィール

hurabo

Author:hurabo
日本酒に自然派ワインに地ビール
元気な野菜に天然の魚に発酵もの
人間と料理が大大好きなふたり

★H27/3/29 をもちまして、
出口・夏波 卒業いたしました

新しい備忘録はこちらです↓
http://foulabo.blog.fc2.com/

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR